英語科

英語科

グローバル化、情報化が進む現在、国際社会で通用するコミュニケーション能力やビジネス能力を持つアクティブな人材が求められています。英語科ではオーストラリア、カナダ、イギリスへの留学、海外研修などで英語発信力を養い、グローバルビジネスに必要な実務能力や社会人基礎力を育てます。


トピックス

全ての一覧


学びの特色

生きた英語を身に付ける!
ネイティブ教員の英語授業、1年次の全寮制、海外研修、留学、海外インターンシップ(オーストラリアへの日本語教官助手派遣)、留学生受け入れ等で、使える英語を徹底的にマスターします。

英語科の留学に関する取組 英語科の国際交流 本学の留学制度  セントメリー寮(英語学習寮)

実践的なキャリアカを身に付ける!
情報処理・秘書実務科目を強化し、インターンシップで実社会を経験。勤労への理解や就職活動への意欲を高め、幅広い職種に対応できる実務能力を育てます。専門高校出身者が大活躍する場面です。
総合的人間力を身に付ける!
1年次の英語学習寮、各種国際交流、ボランティア、インターンシップ、英語ミュージカル等の発表活動などを通して、豊かで魅力あふれる人間力を磨きます。
生き抜く自信を身に付ける!
中学校教諭二種免許状、上級秘書士(国際秘書)など、資格取得の科目を学び、社会の一員としての自覚と自信を高めます。編入学・留学のセカンドステージへの道もしっかりサポート。夢の実現を図ります。

強化した英語学習と充実のIT・キャリア支援 二つのサポートで飛躍的に成長できます

実践的英語能力を身に付けるための学習をしっかりサポートします。

英語が好きな高校生を幅広く受け入れ、実践的英語能力を身に付けるための学習をしっかりサポートします。キャリア・IT教育科目を専門教育科目に組み込み、実務教育の一層の充実をはかります。さらに、留学をより身近なものにする体制を整えました。「使える英語」はもとより、キャリア力、人間力も確固たるものとなり、あなたの将来の可能性が大きく広がります。

獲得する3つの力

5つの取り組み

1.国際的舞台で自分を鍛える!

  • 認定留学:半年留学しても2年間で卒業が可能
  • 海外研修先をオーストラリアに加え、カナダも設定
  • 1年間のオーストラリアでのTA※(日本語教官助手)
    インターンシップが単位化
  • 1年間の留学も可能(3年間で卒業)

※ TA=Teaching Assistant

2.魅力あるカリキュラムを熱く学ぶ!

イングリッシュミュージカル
2年生で取り組むミュージカルを完全授業化
“サブカル英訳”かごしま
薩摩剣士隼人を英訳して世界に発信
ディスカッション&ディベート
英語で楽しくエキサイティングに語り合う
多言語への扉
韓国語、中国語、フランス語を学ぶ

その他英語に自信がない学生をしっかりサポート

3.キャリア関連科目で付加価値up!

3.キャリア関連科目で付加価値up
  • ITキャリア支援科目を充実
  • 上級秘書士、情報処理士の資格取得が可能
  • 航空、観光、編入学など将来のキャリアや興味にあわせて学べる科目群がラインアップ

4.アクティブラーニングで生きる力を磨く!

  • 国内外での各種インターンシップの実践
  • 学内外での国際交流ボランティアを単位化
  • 学生が自ら企画・運営する諸活動

5.履修モデルで夢の実現に近づく!

あなたのキャリアを見据えて五つの履修モデルから選択

キャリア英語 ビジネスの場で必要とされる英語力、知識、マナーを学びます
こども英語 子どもたちが英語を分かりやすく、楽しく学ぶための教授法を学びます。
観光英語 鹿児島の歴史や文化を外国人に英語で紹介する活動を行います。
日本語教育 外国人に日本語を教えるための基礎知識を学びます。
編入学・留学 ステップアップの対策として、小論文や英文読解などを特訓します。

国際交流活動を充実させ、広い視野で社会に貢献できる人材を養成します。

国際交流のボランティア活動が単位化されます!

平成26年度より英語科は鹿児島市国際交流財団の団体会員となりました。それにともない、学外での国際交流ボランティア活動により一層力を入れています。学生は国際交流イベントのボランティアスタッフとして働いたり、海外から鹿児島に移ってきたばかりの方々に日本文化を紹介したりといった活動をしています。

また、学内でもオーストラリアからの留学生受け入れのほかに、フィリピン、マレーシア、韓国の学生と交流を持つ機会が多くあります。
楽しく絆が深められるよう、学生自らで交流会を企画し、ゲームや懇談、日本文化紹介を行います。これらの活動は、「国際交流ボランティア」の科目の単位として認定されます。

先輩からのメッセージ

english_voice

学生生活や寮生活の中で常に生きた英語に触れることができ、海外研修では自分自身の世界を広げ、国際性豊かなコミュニケーション能力と多角的な考え方が身に付きます。中学校教諭二種免許状(英語)や上級秘書士(国際秘書)、情報処理士などの資格取得も可能で、卒業後は航空関係や一般企業、教師など多岐にわたって活躍できます。

私が純短を選んだ理由

客室乗務員を目指して英語を学びたい!

短大での講義に加え、寮生活や海外研修など、密度の濃い学修環境で英語をしっかり学べる点に惹かれました。また、客室乗務員を目指す私にとって、航空関係への就職状況が良い点も魅力的でした。
日々の学びで英語力を向上させながら、立ち居振る舞いや心配りなど、外見、内面共に磨きをかけ、夢を実現したいと思います。

Iさん(鹿児島南高校出身)

取得可能な資格・免許

中学校教諭二種免許状(英語)
教育現場で必要とされる専門的な知識・技能を修得すると共に、教育者としてふさわしい豊かな人間性を身に付けます。多数の卒業生が英語教師として活躍しています。
上級秘書士(国際秘書)
国際秘書という仕事を理解すると共に、基本的な実務能力、国際的なビジネスマナーを身に付け、グローバルな環境で活躍できる人材を養成します。
情報処理士
コンピュータやネットワークの仕組みについて説明でき、実務で活用するソフトウェア操作のスキルを身に付け、基本的なビジネスデータの処理など、実務に情報処理を活用できる能力を修得します。
社会福祉主事任用資格
社会福祉主事とは、さまざまな理由で日常生活に困っている人の相談、援助を行います。公務員として業務に就いて初めて名乗ることができるものです。

英語科の就職・進学状況

ピックアップ

【学内発表】英語弁論大会 Speech Showcase

英語弁論大会
緊張感がやがて喜びに自分の思いを英語で語る

毎年十数名の学生有志が、英語で約4分間のスピーチをします。思い思いのテーマで発表し、聴衆を魅了しています。しかしその裏では、原稿を何度も書き直し、ネイティブ教員の指導を受けて練習を重ねます。それゆえ、自分の思いが英語で伝わることの自信と喜びはひとしおです。さらに英語学習の意欲を高め、自分の意見を堂々と主張する姿勢が養われていくようです。このほか、スキットコンテストへの出場など、英語による発信力を高められる取り組みを行っています。

【学外イベント】英語遠足 English Outing

英語遠足
英語でコミュニケーションはじめの一歩は遠足から

入学後、最初に行われるイベントがイングリッシュアウティングです。1年生全員がネイティブ教員と共に遠足に出かけ、一緒にスポーツやゲームなどをして過ごします。みんなが英語でコミュニケーションをとることに慣れると共に、お互いに親睦を深めます。英語で会話する面白さを知ったり、先生や友達の意外な一面を発見したりと楽しい時間を過ごします。英語科の実践的でインタラクティブ(対話型)な授業に早く溶け込むことがねらいです。

【地域貢献】英訳プロジェクト・明治維新記念事業への参加

鹿児島を英語で世界に発信中

授業で「薩摩剣士隼人」シリーズの番組や4コマ漫画を英訳しています。かごしま弁のニュアンスも考えながら、場面や話し手の意図にあった的確な英語表現に翻訳するコツを学びます。英語字幕版、吹き替え版は「薩摩剣士隼人」公式サイトにも掲載され、世界をめぐっています。産学連携協定に基づく協力として、2018年度は『明治維新150周年記念パレード』で4県(鹿児島・山口・高知・佐賀)知事の後ろを、明治の女学生の衣装を身にまとい、パレードのバナーを掲げて行進しました。

  • 集合写真
  • 明治維新150周年記念パレード
  • 明治維新150周年記念パレード

知って見て体感純心

  • 卒業生の声
  • インターンシップ
  • 輝ける自分を目指して
  • 就職進学

 gakka-jukensei


gakka-course

学生を支え、助けるスタッフ陣

職名 氏名 研究分野 主な担当科目
教授 有馬 義秀 教育学・英語教育学 アカデミックリーディング
教授 永正 理恵子 言語学 英語音声学
教授 平国 美佐喜 ビジネス実務教育 国際秘書概論
教授 堀江 美智代 英語教育学 英語科教育法
准教授 小田 智代 言語学 現代日本語学概論
准教授 小玉 智治 イギリス文学 総合英語演習Ⅰ・Ⅱ
准教授 グレン・フォーブス 倫理環境政策 ディスカッションスキルズ
講師 ニコール・エーラーズ Languages 現代社会研究Ⅱ
講師 デイビッド・オーコナ E-Learning インテグレイティブイングリッシュ
講師 マーガレット・マクリーン Sociology 現代社会研究Ⅰ
講師 マシュー・ワトソン 翻訳学 世界地域研究

教育・研究スタッフ 一覧