留学

純短の留学制度

英語科に在籍しながら海外で学ぶ「留学制度」があります。
半年間の「認定留学」と、1年間の「海外留学」。
どちらもオーストラリア、カナダ、イギリスの大学附属語学カレッジと協定を結んで行うプログラムです。
奨学金制度も設立され、留学がより身近なものとなっています。

認定留学

「認定留学」半年留学しても2年間で卒業

認定留学では、半年間の留学を含めた2年間で短大を卒業することができます。
1年次後期に留学し、現地の学校で所定の成績を修めると、本学の単位として認められます。

「海外留学」1年間の留学で英語力がさらにUP!

1年次修了後に1年間休学して留学する制度です。
短大卒業まで3年間かかることになります。
認定留学と同様、留学先にはイギリスが加わり、グローバルに学べる場がされに増えました。

留学先(提携大学)

オーストラリア University of Wollongong College
カナダ Langara College
イギリス York St John University
Edinburgh College

留学Q&A

Q留学費用はどのくらい必要ですか?
A「認定留学」(半年間)の場合、およそ180万円かかります。これには学費、渡航費、保険、ホームステイ代などが含まれていますが、為替レートなどの事情で変動する場合があります。「海外留学」で1年間留学する場合は、およそ300万円かかります。
Q認定留学に必要な条件はありますか?

A原則として次の条件を満たす必要があります。

  1. 一定の英語力があること。具体的には入学時に実用英語検定2級の取得、あるいはTOEICテストのスコアが400点以上必要です。ただし、入学直後のTOEICテストの結果まで考慮します。
  2. 学習意欲が高く、忍耐力があること。
  3. 基本的な生活習慣が身に付いており、心身共に健康であること。
Q奨学金制度はどのようなものですか?
A認定留学の学生が対象で、面接等独自の審査を行い、その審査に通れば1年次後期の授業料相当額を給付します。そのため、特待生選抜の第1種特待生合格者は対象外となります。
Q留学先の勉強はどのようなものですか?
Aプレイスメントテストでクラス分けを行い、自分の実力に合ったレベルで学習します。「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的に向上させます。また、その国の歴史・文化についても学びます。
Q留学先の住居について教えてください。
Aオーストラリア、カナダ、イギリスのいずれについても、留学先である大学が紹介するホストファミリー宅に滞在します。原則、各家庭、部屋に一人の場合や、他国の留学生とシェアする場合があります。