英語科

TA(日本語教官助手)だより vol.2

  • インターンシップ
  • 2018.10.11

私は、オーストラリアのパースにある「セント・ジョージーズ・アングリカン・グラマースクール」という学校で、日本語教官助手をしています。ほかの学校と比べて、学生がとても少なく小さな学校です。
パースに来てから5ヶ月が経ちました。日本の友人や家族が恋しくなる時もありますが、ホストファミリーや学校があたたかく私を迎え入れてくれ、今はパースにも大切なものができた気がします。

 

学校では、授業で学生の質問に答えたり、スピーキングの練習やマーキングなどをしています。学生や先生方はみなさんとても親切で、毎日楽しく充実した日々を送らせていただいています。やはり英語だけの生活はストレスもありますが、私のつたない英語をホストファミリーや先生方、学生が理解しようとしてくれるので、毎日感謝の気持ちでいっぱいです。

先生方と一緒にボーリングに行ったときに撮った写真

 

パースでの生活が有意義なものになっているのは、ホストファミリーや友人のおかげだと強く感じます。また、パースの日本語教官助手の方々と知り合う機会もあり、いろいろな出会いに溢れていて、とても楽しいです。

パースに住むTAの人たちと

 

また、週末にボランティア活動に参加しています。パースに住んでいる日本人のハーフの学生、両親は日本語を使い学生は英語で生活をしている人たちに日本語を教えています。学生は小学生から中学生までいて、私は中学生のクラスを担当しています。自分の力でコミュニティを広げていく大変さを実感しています。日本にいたときは友達なんて簡単にできて、コミュニティを広げることに苦労していなかったのですが、言語が違うだけでこんなに怖気づいてしまう自分がいるとは思いませんでした。

綺麗な自然の中、時間がゆっくり流れるパースで過ごすことができる10ヶ月間は自分を見直す最大のチャンスだと思います。将来したいことを見つけにパースに来たので、興味のあることだけではなく、興味がないことにもたくさん挑戦して、自分がまだ知らない自分を見つけたいと思います。

日常から離れることで、誰もが経験するけど誰もが忘れてしまうようなそんな些細なことに気付き、感謝できるようになりました。すべての事柄が当たり前ではなく、誰かのおかげで成り立っているという感謝の気持ちを忘れずに残り5ヶ月、毎日充実したものにしたいです。

 

*C.K.さん(伊集院高校出身)は英語科の2年生で、現在、海外インターンシップで活躍しています

純短祭の英語ミュージカルは「マンマ・ミーア!」

  • キャンパスレポート
  • 2018.10.03

平成30年10月27日(土)・28日(日)に行われる純短祭の英語ミュージカルは「マンマ・ミーア!」です。

英語科2年生の熱演をご期待ください。多くの方のご来場をお待ちしております。

ポスターができましたのでご覧ください。

平成30年10月27日(土)・28日(日)の2日間、「純短祭」へぜひお越しください。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

なお、純短祭当日は学内が工事中のため、駐車場をご用意できません
自家用車での来場はご遠慮いただき、公共交通機関をご利用くださるよう、お願い申し上げます。
また、鹿児島中央駅西口から本学までの無料シャトルバスを運行いたしますので、こちらもご利用ください。

詳しくはこちらをご覧ください>>> 「第41回 純短祭」

英語科1年生「洋食のテーブルマナー」研修が行われました

  • キャンパスレポート
  • 2018.09.25

平成30年9月23日(日)、鹿児島サンロイヤルホテルにて、洋食のテーブルマナーセミナーが英語科1年生を対象に行われました。

 

ホテルの方が講師を務めてくださり、軽快なトークを交えながらテーブルマナーの知識を教えてくださいました。

ナイフ・フォークの正しい持ち方から、スープを最後まできれいにいただくコツなど、さまざまなことを教わりました。一番は楽しく食事をすることが大事だとおっしゃっていて、おいしいお料理をいただき、楽しく会話をしながら過ごすことができたので、とても充実した時間となりました。

 

 

最後には、料理を作ってくださったシェフの方にもお礼を言うことができ、また、質問にも分かりやすく丁寧に答えてくださいました。

 

このテーブルマナーで学んだことを通して、今後機会があったときは丁寧にかっこよく、スマートに、もちろん楽しく食事をしようと思います。教えてくださった講師の方、ウエイトレスの方々、おいしい料理を作ってくださったシェフの方々、みなさまのおかげでとてもいい経験になりました。ありがとうございました。(1年M.S.)

「第6回英語科ホームカミングデイ」を行いました

  • インフォメーション
  • 2018.09.25

英語科卒業生のための集い「第6回英語科ホームカミングデイ」を平成30年9月23日(日)に開催し、英語科卒業生とそのご家族を含め、約40名が本学に集まりました。福山副学長をはじめ英語科教員と卒業生が、懐かしいキャンパスで学生時代を思い出しながら、楽しいひとときを過ごしました。

英語科にまつわるクイズショーでは、英語科の開設から現在に至るまでをクイズ形式で出題し、グループに分かれて解答しました。クイズショーは大いに盛り上がり、年代を超えて交流を深めることができました。

ランチは学生時代の懐かしい思い出が詰まったセントメリー寮で、恩師を囲みながら中辻シェフ特製のカレーライスを堪能しました。今回も大盛況のうちに第6回ホームカミングデイが幕を閉じました。

参加してくださった卒業生のみなさん、どうもありがとうございました。

 

来年は、英語科開設40周年記念ホームカミングデイを開催いたします。
多くの卒業生のご参加をお待ちしております。

中国「清華大学」への留学生が鹿児島県知事を表敬訪問しました

  • キャンパスレポート
  • 2018.09.04

平成30年8月31日(金)、鹿児島県庁において、平成29年度鹿児島県清華大学留学支援奨学金奨学生1名と平成30年度奨学生4名が知事を表敬訪問しました。

 

 

本学英語科2年生のY.I.さんが出席し、平成29年9月から平成30年7月までの留学生活について、その成果を報告しました。

Iさんは「留学で出会った人達との交流を通して、日本ではできない経験をたくさんすることができた充実した留学生活でした。この留学での経験を糧に、今後は海外で働くことについても考えていきたいです。」と中国で学んだ体験を語ってくれました。

英語科ホームカミングデイ開催のお知らせ(申込方法)

  • インフォメーション
  • 2018.09.03

Welcome back to Junshin and St. Mary’s Hall

英語科卒業生の皆さまへ

『英語科ホームカミングデイ』とは英語科卒業生のための集いのことです。

毎年、多くの卒業生にお集まりいただき、ありがとうございます。
今年度も恩師や級友の方々と旧交を温めていただきたく、第6回英語科ホームカミングデイを開催いたします。

思い出のキャンパスで楽しいひとときを過ごしませんか。

【日時】 平成30年9月23日(日・祝日) 10:30〜15:00
【会場】 鹿児島純心女子短期大学 27号館学生ホール、セントメリー寮
【内容】 全体会、Quiz Show(純短英語科にまつわる英語クイズ)、
セントメリー寮での昼食(カレー&デザート)
【人数】 先着60名(ランチ付)
※ 定員になり次第、申込受付を締め切らせていただきます。
【参加費】 1,000円(ご家族はランチ代としてお一人500円をいただきます。)
【申込方法】 以下の項目をご入力の上、お一人さまずつメールでお申し込みください。
(但し、ご家族でお申し込みの場合は除きます。)

 

Econtact18@juntan.k-junshin.ac.jp(担当者:英語科 平国)

件名「英語科ホームカミングデイ参加希望」
◆氏名(旧姓も)
◆ご家族の氏名(幼児の場合は年齢とランチ必要/不要も)
◆卒業年度
◆連絡先(メールアドレスと電話番号)

※ 受付後、申込完了のメールをお送りします。
 「@juntan.k-junshin.ac.jp」からのメールを受け取れるよう設定をお願いします。
※ 土・日・祝日や本学の休業日等をはさむ場合、申込完了メールの送信が遅くなることも
ありますのでご了承ください。

詳しくはこちら>>> 第6回英語科ホームカミングデイ

「純短サマーイングリッシュキャンプ」を行いました

  • キャンパスレポート
  • 2018.08.20

毎年恒例の「純短サマーイングリッシュキャンプ」
今年で5回目となるこのキャンプは、英語科、LbE JapanおよびJTBの共催で、平成30年8月16日(木)から2泊3日で行いました。
小学生から高校生までの女子、約40名が参加しました。

 

アメリカ人のスタッフ7名と日本人スタッフ2名によって、さまざまな英語活動が行われました。
英語を使った会話ゲーム、ダンスなどを楽しみ、最終日に行う舞台発表に向けて歌などの練習も行いました。
また、異文化を体験できる「アメリカンカーニバル」では、お祭りを再現。バルーンアニマルや、風船投げ、フェイスペイントなどを楽しみました。

 

毎日英語漬けの生活でしたが、本学英語科の1・2年生8名もボランティアとして加わり、日本語の通訳や寮生活のサポートを行いました。
アメリカ人と日本人のスタッフ、本学の学生たちも含め、夜は全員英語科の英語学習寮「セントメリー寮」に宿泊しました。食事は毎食、寮専属シェフのおいしい食事が並びました。

 

最終日には、3日間の集大成となる舞台発表が行われました。
低学年から高学年までそれぞれでグループを作り、英語の歌や簡単な英語劇を発表しました。今年から保護者のみなさまにも参加していただき、参加者の成長を直にご覧いただけたようです。最初は緊張してうまく思いを言葉にできなかった参加者のみなさんも、最終日には笑顔で簡単な英会話をこなせるようになり、充実した3日間を過ごせたようです。

2018海外留学奮闘記 ~英語科留学生だより vol.1~

  • キャンパスレポート
  • 2018.08.02

私は約3ヶ月間、韓国の第二の都市といわれる釜山に語学留学に行きました。釜山はソウルに比べて自然が多く、まわりを海と山で囲まれており、海産物が豊富でとても素敵な場所です。そんな釜山の広域市にある釜慶大学校(プギョンデハッキョ)の語学堂で韓国語を勉強していました。

 

釜慶大学校の語学堂には、フランス、スウェーデン、アメリカ、中国、ベトナム、アイルランド、イラン、メキシコ、カメルーン、エジプトとほかにも各国から留学にきていて、全体で300人以上の留学生がいました。語学堂の授業は9時から13時までで、スピーキング・リーディング・ライティング・リスニングをバランス良く、韓国人の先生がとても親身になって教えてくださいました。私は独学で韓国語を勉強していましたが、韓国の語学堂に通ってみて、現地で学ぶ方が独学で勉強するより遥かに早く韓国語が身に付き、また、今まで自分では正しいと思い使っていた間違った発音もすべてではありませんが、だいぶ良くなりました。

(キャンパス内の様子)

 

同じクラスのみんなとも最初の方は、仲良くなれるか心配な面がありましたが、活発で優しい子ばかりだったので、自分の国の言葉を教えあったり、好きなもの、将来したいことなどを話したりしていくうちに、いつの間にか仲良くなっていました。先生の誕生日にはサプライズを計画したり、ドッキリをしかけたり、テスト終わりに焼肉食べ放題のお店で打ち上げをしたりとクラスのみんな仲が良かったです。

 

授業後は、同じクラスのベトナム人と日本人の友達とよく一緒に大学街でお昼ご飯を食べました。大学街は、カフェやコスメショップ、洋服屋、屋台、雑貨屋、飲食店が本当にたくさん密集しているので、友達とカフェで宿題をして、周辺をよく見てまわりました。また、韓国で一人暮らしをしていたので、同じ一人暮らしのスウェーデン人の友達と一緒にスーパーへ夜ご飯と朝ごはんの買い出しに行ったり、お互いのコシテルによく遊びに行ったりしていました。とても充実した毎日が送れて、3ヶ月なんて本当にあっという間でした。

 

3ヶ月間の韓国留学に行っていなかったら出会えなかった仲間と出会えた事で、いろいろな刺激をもらえて、これから先の曖昧だった目標も明確になりました。韓国へ留学した経験が今の自分の励みになり、その目標に向けて今は試行錯誤しながら日々頑張っているところです。

 

*M.K.さん(鹿児島女子高校出身)は英語科2年生で、韓国に留学していました。

TA(日本語教官助手)だより vol.1

  • キャンパスレポート
  • 2018.07.19

私がオーストラリアにきてから2ヶ月半が経ちました。最初は、これまで20年間英語圏の国に行ったことがなかったため、ついにオーストラリアへ来て、日本語教官助手という仕事ができるという喜びの気持ちと、初のホストファミリー、初の英語圏での生活への不安な気持ちが入り混じっていました。

しかし、私のホストファミリーはとても社交的でアクティブなので、到着した日からとても刺激的な毎日がスタートしました。彼らは、私のことを家族の一人として扱ってくれ、パースの素晴らしさを日々感じています。

 

学校生活では、7年生から12年生(中学1年から高校3年)までの生徒のクラスを受け持っています。学年によって生徒の学習意欲はさまざまで、生徒もいろいろな子がいます。やる気のある子、ない子。また、授業のノートすらとらない子もいて、私はそういった子たちがどのようにしたら授業に参加してくれるかを考えながら、まず生徒たちとの距離を近づけることから始めました。

生徒によっては難しい子もいますが、少しずつ授業外で積極的に私に質問をしにきたり、ただ私とおしゃべりをするためにオフィスに来る子などもいます。少しずつ生徒との距離も縮まり、日本語に対する学習意欲が変わってくる子がいるという事実に隠しきれないほどの喜びを感じます。日本とは違い、ストレートに思っていることをぶつけてくる子や、そもそも私のことを無視する子などもいて心が折れることも少なくありません。しかし、そういう子たちが「日本」に、また「日本語」に興味を持ってくれるように工夫することにやりがいを感じます。まだまだ未熟ではありますが、少しずつ成長していることも感じています。これからも頑張っていきたいと思います。

学校以外では、日本にいる時から取り組んでいたボランティア活動をこちらでもやっています。私のホストマザーがとてもボランティアに興味がある方で、私もこの2ヶ月で、行方不明の70代男性を見つけるお手伝いをしたり、記憶障害の奥様と離れ離れになった男性を再会させるために署名活動をしたりしました。今は、難病のため手術をしなければならないのに、貧しくてその手術を受けることができない女性の”Fighting for Rachel”というチャリティにボランティアとして参加しています。異国の地でさまざまな国籍の人たちとボランティアを共に行い貴重な経験をしています。

私は、オーストラリアに日本語教官助手としてきて良かったと心から感じています。もちろん楽しいことばかりではありません。辛いこともたくさんあります。しかし、何よりそれらを通して自分自身が日々成長していることも実感できます。これからも一日一日を大切にしていきたいです。

 

*N.B.さん(鹿児島純心女子高校出身)は今年3月に英語科を卒業し、現在、海外インターンシップで活躍しています。

英語科スピーチショウケースを開催しました

  • キャンパスレポート
  • 2018.07.12

平成30年7月5日(木)、英語科恒例となったスピーチショウケースが行われました。

今年は10名の学生が挑戦しました。参加者は企画から原稿作成、スピーチの仕方まで、ネイティブの先生より個人指導を受けてこの日に臨みます。話の内容は、自分の趣味や将来やりたいこと、留学体験、内面の葛藤など、さまざまです。どれも趣向を凝らしたすばらしいスピーチでした。感動するものあり、ユーモアあふれるものありで、充実したスピーチショウケースとなりました。

また、英語以外の外国語の発表も行われました。授業担当の先生方のご指導のもと、中国語のグループはさまざまな日常の場面を想定したスキットを、韓国語とフランス語のグループは選択者全員で一曲ずつ歌を披露しました。(1年K.H.・A.T.)