進藤 智子

進藤 智子

進藤 智子

所属
生活学科 食物栄養専攻
職名
准教授

Message

健康であることは、私達の生活をより豊かなものにするために、世界中すべての人々の共通の願いです。本専攻では食の面から人々の健康をサポートする栄養士養成のための勉強をします。私の担当科目は、調理技術、献立作成や栄養指導の基本となる調理学や調理学実習、乳幼児からお年寄りまで、ライフステージごとの栄養のあり方を学ぶ応用栄養学や実習、そして地域住民など、人々の健康を維持増進するためのマネジメントの方法や分析、活動を学ぶ公衆栄養学です。つまり、予防の領域を専門とします。この領域は、長寿社会の今、栄養士の活躍がますます期待されています。元気で長生き社会の実現を支える栄養士を目指し、共に勉強しませんか。

出張講座紹介

講座名:調理学

講座内容 調理学の授業では、食べ物や調理といった私たちにとって身近な食の不思議をわかりやすい科学で説明します。
今回は、食卓を彩る野菜や果物の色についての知識や、おいしく調理するためのコツもお話いたします。
備考 パワーポイントを使用、パソコン、プロジェクター、スクリーン

講座名:公衆栄養学~「元気で長生き」の願いを叶えるために~

講座内容 世界一の長寿国日本。管理栄養士・栄養士は、「元気で長生き」の願いを叶えるために、その社会的ニーズが高まっています。
発病予防である「一次予防」に重点をおいた公衆栄養プログラムの実施例より、今回は「よく噛んで健康づくり」と題してお話します。
備考 パワーポイントを使用、パソコン、プロジェクター、スクリーン

出張講座

基本情報

主な担当科目

公衆栄養学

学位取得大学・学位

日本女子大学家政学部食物学科 家政学士

研究分野

食生活、調理

著作物・研究論文・学会研究発表

研究論文
  1. 高麗餅 - 鹿児島の郷土菓子 -、想林、2016年3月、第7号、p.89-98、(単著)
  2. 実態調査による鹿児島県の正月料理の特徴、鹿児島純心女子短期大学研究紀要、2014年1月、第44号、p.61-80、(単著)
  3. 女子短大生の郷土料理の喫食に関する実態、鹿児島純心女子短期大学研究紀要、2011年1月、第41号、p.75-88、(単著)
学会等研究発表
  1. 鹿児島県における尿中ナトリウム及びカリウム排泄量と食物摂取の地域差に関する研究、第62回日本栄養改善学会学術総会、2015年9月
  2. 世代間における正月料理の喫食の現状、平成23年度日本調理科学会九州支部学会、2011年6月
  3. 女子短大生の郷土料理の喫食に関する実態、日本調理科学会平成22年度大会、2010年8月

社会的、国際的活動

  1. 平成22年5月~平成24年4月、公益社団法人鹿児島県栄養士会理事
  2. 平成16年4月~平成17年3月、社団法人鹿児島県栄養士会理事

その他

受託研究・調査研究報告・その他の研究ノートなど
  1. 「次世代に伝え継ぐ日本の家庭料理」聞き書き報告書、平成26年度一般社団法人日本調理科学会特別研究報告書、p.236~237、(単著)

  2. 「調理文化の地域性と調理科学」-行事食・儀礼食、平成21~23年度日本調理科学会特別研究報告書、p.174~175、(共著)
  3. 「調理文化の地域性と調理科学」-魚介類の調理、平成15・16年度日本調理科学会特別研究報告書、p.226~235、(共著)
講演
  1. 純心市民講座 シルバー世代のための健康・教養講座 講師、「転ばぬ先の杖と知識-無理なく減塩 食事で高血圧予防-」、2017年7月15日
  2. 純心市民講座 シルバー世代のための健康・教養講座 講師、 「転ばぬ先の杖と知識ー食事が重要!ロコモティブシンドローム予防―」、2016年7月23日
  3. 純心市民講座 親子でクッキング 講師、「郷土の恵みに感謝!海の幸・山の幸をお腹いっぱい食べよう」、2015年8月6日