デザイン表現コース | 鹿児島純心女子短期大学

デザイン表現コース

デザイン表現コース

表現において大切な“発想の豊かさ”を強化する方法を学びます。さまざまなものをデザインし、作品として表現することに挑戦します。感性を揺さぶる“伝え手”となると同時に、相手の意図に気付き尊重する“受け手”にもなります。それらの学びを通し、生活に彩りと潤いを与えられる人材を育成します。


トピックス

全ての一覧


学びの特色

デザインの分野を新たに追加
自分のMacでAdobe Creative Cloudを使い、自由にアイデアを形にし、ことばで表現することで豊かな人間力を形成します。学ぶ楽しさ、主体的に行動する力を育みます。
コンピュータ必携化のご案内 >>> こちらをご覧ください。
実習科目をさらに充実
平面と立体を行き来し、意図や想いを視覚的に表現する力を高めます。さらに、創造力や観察力を高め、社会に求められる広い視野と発想力を身に付けます。
分野選択の可能性を拡大
デザイン・アート・ファッションなどの表現方法を、自らの目標に沿って選択して学び、自らの手で快適な空間を創造する技術を身に付け、新しい時代を生き抜く力を育てます。
発表の場を豊富に用意
公募展出品や学内外のファッションショーに出演することで地域と密接に関わり、人と人とのつながりを大切に、2年間の集大成として卒業制作展で作品を発表します。

生活学科の国際交流

学びのかたち

1年次【前期】

共通科目で基礎を学ぶ
工芸やファッション造形の基礎、Mac活用の基礎など、2年間の基礎となる知識・技術を学びます。キャリア形成の基礎となる科目も学び、自分の将来について考えます。

1年次【後期】

社会人力を身に付ける
キャリア形成支援の科目やインターンシップなどの研修を通して、将来のキャリアデザインを考えます。また、明確な意図を持ってデザインする自己表現の技法を身に付けます。

2年次【前期】

創造力と表現力を高める
1年次の内容をもとに、創造力と表現力を専門的に学びます。さらに、コンピュータを用いた情報活用能力を高め、プレゼンテーション能力も身に付けます。

2年次【後期】

応用力と適応力を身に付ける
大学祭や卒業制作展などの発表の場で、企画から演出まで総合的にプロデュースします。学外発表の場も多く、地域社会とのつながりから視野を広げ、応用力と適応力を養います。

先輩からのメッセージ

新しいことへの挑戦にワクワクがいっぱいの2年間です

Macを使ったデジタルワークやビジュアルデザイン、陶芸、七宝・金属、キルト、ドレスメーキング、大島紬、司書などの多彩な分野を、少人数の講義で基礎からしっかり学べます。アパレルやブライダル、デザイナーなど目指せる道も幅広く、短大での学びが社会や人生で生かされると実感しています。

私がデザイン表現コースを選んだ理由

先輩たちのキラキラ輝く姿に憧れました

オープンキャンパスのファッションショーで、かっこよくドレスを着こなし、キラキラと輝く先輩方の姿を見て入学を決めました、もの作りが好きなことに加え、ドレス製作、Macを使ったデザインが学べることも選んだ理由です。ブライダルの授業での模擬結婚式、また、撮影技術やパソコンスキルを高める多彩な授業があるのも魅力です。

Tさん(薩摩中央高校出身)

取得可能な資格・免許

上級情報処理士
経理、事務、オペレーター等に直結している資格です。「情報科学」などの科目を履修し、コンピュータシステムの理解や活動、管理法を修得します。
情報処理士
「情報活用実践」などの科目を履修し、実務で活用するソフトウェア操作のスキルを身に付けます。また、基本的なビジネスデータ処理などの実務能力を修得します。
秘書士
秘書業務の理解をはじめ、スケジューリング、接遇、言葉遣い、慶弔や贈答のマナーなど、社会人として知っておきたいビジネスマナーを学びます。
社会福祉主事任用資格
公務員として業務についたときに名乗ることができる資格で、さまざまな人の相談、援助を行います。この資格を福祉施設の採用基準としているところもあります。
ファッションアドバイザー<本学認定>
ファッションコーディネートや着こなしについて提案できる専門知識や技術を修得し、アパレル商品をお求めのお客さまのニーズに応えられるプロ意識の高い販売員を目指します。

 

検定

  • 色彩検定
  • ファッション販売能力検定試験
  • ファッションビジネス能力検定試験
  • ブライダルコーディネート技能検定
  • 秘書検定
  • 日本語ワープロ検定試験
  • 情報処理技能検定試験(表計算)
  • アドビ認定アソシエイトPhotoshop
  • アドビ認定アソシエイトIllustrator
  • マナー検定

デザイン表現コースの就職・進学状況

就職・進学支援

集中特訓とインターンシップで就職活動を徹底サポート

2つのトレーニングで就職活動をサポート

1年次夏休みの2日間を利用して「就活トレーニング」を実施します。外部講師を招き、マナーや面接の受け方、自己表現の方法など、基本的な知識や技術を修得します。「性格分析シート」や「過去振り返りシート」を作成し、自己分析の結果を生かして作成した自己PRを、全員の前で実際の面接のように発表します。また、就職が内定した2年生の取り組みや面接内容などの体験発表もあります。
さらに、定期的に「自己実現プロセストレーニング」を実施し、就職活動のスタートをしっかり後押しします。

ポートフォリオで自分ができることをアピール

就職活動では自分の強みを理解することが必要です。就職試験ではポートフォリオ(作品集)やオリジナルデザインの履歴書を提出しました。短い時間の中で、自分ができることをしっかりアピールできたと思います。

Iさん(川辺高校出身)
[就職先]鹿児島トヨペット株式会社

ピックアップ

【学外発表】卒業制作展

2年間の集大成~黎明館で作品を発表~

『卒業制作展2021』を鹿児島県歴史・美術センター黎明館で開催しました。手作りの“陶芸”“キルト”“七宝・金属”に加え、デジタルワークの「ビジュアルデザイン」「インテリアデザイン」、デザインから縫製まで一貫して行う「ドレスメーキング」「大島紬の洋装」の作品を展示しました。
来場者の方々から、「さまざまなジャンルの作品が制作され、見応えのある素晴らしい卒業制作展でした。」との高い評価をいただきました。

  • 卒業制作展
  • 大島紬の洋装

【学外活動 デザインコンペ】大島紬反物デザイン

大島紬織元有志でつくる鹿児島ひっとべの会主催の『第6回大島紬デザイン公募展』に応募し、「本場大島紬織物協同組合賞」に選ばれました。

本場大島紬織物協同組合賞受賞

迫力ある大島紬にしたいと考え、熱帯生物特有の派手な柄にして色も細かく分けました。あえて黒を入れたほか、下部は朝の涼しさを表す黄緑色、太陽のオレンジ、蒸し暑い夜の月をイメージしました。デザイン画には私が描いた証として、名前の「葵」の葉を入れました。私はデザイン表現コースに入学して、初めて大島紬を知りました。地元が鹿児島ではない分、大島紬の新しい魅力を伝えられたと思います。

Nさん(群馬県・前橋高校出身)

【コンテスト】2つの公募展にチャレンジ

「MBCサムホール美術展」に20名全員が入選

「第38回南日本女流美術展」の工芸美術部門に、2年生が陶芸とキルト、七宝の作品を出品し、11名が入選しました。洋画部門には油彩画で1年生1名が入選を果たしました。
また、「第33回MBCサムホール美術展」の工芸部門では、陶芸とキルトと七宝の作品を出品した2年生20名が全員入選しました。毎年さまざまな公募展に果敢にチャレンジしています。

  • キルト「ヴィーナス」
  • 陶芸「木霊」

【学外活動】大島紬ファッションショー

イベント参加で地方創生推進活動

鹿児島県の伝統工芸品「本場大島紬」の魅力を発信するため、ドレス等を製作し、学外のイベントに参加・出演しています。2020年度はコロナの影響もありましたが、本場大島紬織物協同組合の依頼を受け、イベントに参加しました。その際、ドレスを同じ生地でマスクを製作し、ドレスとコーディネートすることで、より一層大島紬の魅力を引き出すことができました。

ファッションショー活動内容(2020年度実施)
  • 7月 AEON MALL鹿児島リニューアル100日祭
  • 3月 思い立ったら紬 in Maruya gardens
  • ファッションショー
  • ファッションショー

施設紹介

作品の完成度を高めるために必要な設備をそろえています。

焼成炉室

造形表現(陶芸)の授業で制作した作品が、施釉・本焼きされ、「やきもの」として誕生します。

焼成炉室

ラーニングコモンズ(5F) 撮影機材

被写体にあわせて、セットを準備し、いろいろな角度から撮影します。

撮影機材

被服実習室

職業用ミシンやバキュームアイロンを使用することで、完成度の高い作品を製作することができます。

被服実習室


知って見て体感純心

  • 卒業生の声
  • インターンシップ
  • 輝ける自分を目指して
  • 就職進学

受験生応援サイト


gakka-course

学生を支え、助けるスタッフ陣

職名 氏名 研究分野 主な担当科目
コース主任・教授 高田 さとこ 陶芸 造形表現Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
教授 濱﨑 千鶴 被服学 造形表現Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
准教授 上村 尚史 情報学基礎 コンピュータ基礎演習
准教授 宮地 真奈美 服飾 ドレスメーキングⅠ・Ⅱ・Ⅲ
講師 北山 敏秀 日本近現代文学 表現技術

教育・研究スタッフ 一覧