デザイン表現コース

デザイン表現コース

表現において大切な“発想の豊かさ”を強化する方法を学びます。さまざまなものをデザインし、作品として表現することに挑戦します。感性を揺さぶる“伝え手”となると同時に、相手の意図に気付き尊重する“受け手”にもなります。それらの学びを通し、生活に彩りと潤いを与えられる人材を育成します。


トピックス

全ての一覧


学びの特色

デザインの分野を新たに追加
自分のMacでAdobe Creative Cloudを使い、いつでも、どこでも、自由にアイデアを形にし、ことばで表現することで豊かな人間力を形成します。
さらに、学ぶ楽しさに気付き、主体的に行動する力を育みます。
実習科目をさらに充実
創造力や観察力を高め、色や形の知識、撮影機材・環境に関する基礎知識を、生活やビジネスの現場で生かし、社会に求められる広い視野と発想力を身に付けます。
分野選択の可能性を拡大
デザイン・アート・ファッションなどのさまざまな表現方法を学び、自らの手で快適な空間を創造する技術を身に付け、新しい時代を生き抜く力を育てます。
発表の場を豊富に用意
公募展出品や学内外のファッションショーに出演することで地域と密接に関わりを持ち、人と人とのつながりを大切にし、2年間の集大成として卒業制作展で作品を発表します。

生活学科の国際交流

学びのかたち

1年次【前期】

共通科目で基礎を学ぶ
「デッサン」や「色彩演習」、「グラフィックデザイン」、「形による表現」、「ファッション基礎実習」など、2年間の基礎となる知識・技術を学びます。キャリア形成の基礎となる科目も学び、自分の将来について考えます。

1年次【後期】

社会人力を身に付ける
キャリア形成支援の科目やインターンシップなどの研修を通して、将来のキャリアデザインを考えます。
また、明確な意図を持ってデザインし、作品として表現する自己表現の技法を身に付けると同時に相手の意図に気付き尊重する“受け手”となります。

2年次【前期】

創造力と表現力を高める
1年次の内容を専門的に高め、創造力と表現力を高めます。また、自分を表現することの楽しさを知り、就職活動に生かします。
さらに、コンピュータを用いた情報活用能力を高め、プレゼンテーション能力も身に付けます。

2年次【後期】

応用力と適応力を身に付ける
大学祭や卒業制作展などの発表の場で、企画から演出まで総合的にプロデュースします。学外での発表の場も多く、地域社会とのつながりから視野を広げ、応用力と適応力を養います。

先輩からのメッセージ

新しいことへの挑戦にワクワクがいっぱいの2年間です
 

Macを使ったデジタルワークやビジュアルデザイン、陶芸、七宝・金属、キルト、ドレスメーキング、大島紬、司書などの多彩な分野を、少人数の講義で基礎からしっかり学べます。アパレルやブライダル、デザイナーなど目指せる道も幅広く、短大での学びが社会や人生で生かされると実感しています。

私が純短を選んだ理由

多彩な分野に触れて夢をかなえたい!

住空間に関心があり、インテリアやビジュアルなどのデザインについて学べるデザイン表現コースを選びました。
個人所有のMacでデジタルメディアや紙媒体をデザインしたり、キルト・陶芸・七宝など、自分の手で作品を制作できるのも魅力です。また、秘書士や情報処理士の資格も取得でき、将来への可能性も広がります。

Mさん(加治木高校出身)

取得可能な資格・免許

司書
所定の単位を取ることで取得できる国家資格です。本コースでの多岐にわたる学びは、公共図書館や学校図書館、企業の資料室業務にも役立ちます。
社会福祉主事任用資格
福祉事務所や社会福祉施設などで働く場合に必要となる資格です。この任用資格を福祉施設職員の採用基準の一つとしているところもあります。
秘書士
秘書業務の理解をはじめ、スケジューリング、接遇、言葉遣い、慶弔、贈答のマナーなど、社会人として知っておきたいビジネスマナーも学べる資格です。
情報処理士
コンピュータやネットワークの仕組みについて説明でき、実務で活用するソフトウェアの操作のスキルを身に付けます。また、基本的なビジネスデータの処理など、実務に情報処理を活用できる能力を修得します。
ファッションアドバイザー(本学認定)
ファッションコーディネートや着こなしについて提案できる専門知識や技術を修得し、アパレル商品を求めるお客さまのニーズに応えられるプロ意識の高い販売員を目指します。

ピックアップ

【学外発表】卒業制作展

2年間の集大成~デザイン百覧会で作品を発表~

2018年度卒業制作展を「デザイン百覧会」の会場内で開催し、陶芸、七宝・金属、染色、服飾デザイン、大島紬の作品を展示しました。卒業制作展のテーマは『縁ding』。縁dingとは、生活クリエイトコースの最後を飾る意味と、今まで生活クリエイトコースを築き上げてきた先輩方と、作品やファッションショーを見に来てくださった方々とのご縁に対し、感謝の気持ちを込めてendingのenを漢字の『縁』に変えて、つながりを持たせました。2018年に新たにスタートしたデザイン表現コースに、縁がつながっていってほしいという願いも込められています。展示会場ではそれぞれが心を込めて制作した作品を、ファッションショーでは大島紬(洋装)とカクテルドレスなどを通し個性豊かな表現を、多くの皆さまに見ていただきました。さらに来場者の投票により決まる『デザイン百覧会特別賞』を8年連続で受賞し、2年間の集大成となりました。

  • ファッションショー
  • ファッションショー

ファッションショー「Creative Collection 2019」

  • デザイン表現コース
  • 作品

※2018年度から生活クリエイトコースは、デザイン表現コースへ変わりました。

【学内発表】模擬結婚式

学びと経験をカタチに~結婚式をプロデュース~

2018年7月のオープンキャンパスで、模擬結婚式を開催しました。「ブライダルコーディネート実習」で学んだ成果を発表するため、新郎・新婦、司会、サービススタッフの全てを学生が担当し、本番さながらの結婚式を自分たちで企画しました。
今年は「HappinessTree 〜想い出を飾ろう〜」というテーマのもと、一本の木が長い年月を重ね、たくさんの実を付けるようにゆっくりと時間をかけながら、幸せな想い出を築いてほしいという願いを込めて準備しました。お色直しでは大島紬の衣装を着ました。ウエディングケーキやオリジナルギフトなども自分たちで作り、コースの特色を生かした模擬結婚式となりました。

  • 模擬結婚式
  • 模擬結婚式

知って見て体感純心

  • 卒業生の声
  • インターンシップ
  • 輝ける自分を目指して
  • 就職進学

受験生応援サイト


gakka-course

学生を支え、助けるスタッフ陣

職名 氏名 研究分野 主な担当科目
教授 久保田 瑞成 図書館情報学 図書館制度・経営論
教授 佐々木 澄 七宝・金属工芸 色彩演習
教授 高田 さとこ 陶芸 陶芸Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
教授 濱﨑 千鶴 被服学 キルトⅠ・Ⅱ・Ⅲ
准教授 上村 尚史 情報学基礎 コンピュータ基礎演習
講師 北山 敏秀 日本近現代文学 表現技術

教育・研究スタッフ 一覧