英語科

「英語落語コンテスト」でベスト翻訳賞を受賞しました!

  • キャンパスレポート
  • 2017.11.27

平成29年11月25日(土)にかごしま市民福祉プラザで、鹿児島外語学院と鹿児島市国際交流財団の主催による「英語落語コンテスト」が開かれ、本学英語科2年生のB.N.さんが、見事「KKB鹿児島放送局賞・ベスト翻訳賞」に選ばれました。

主催者から与えられた日本語の古典落語から「猫の皿」を選び、彼女なりに分かりやすく、またおもしろおかしく英訳し、それを落語家になってユーモラスに演じての授賞でした。
審査員のネイティブの先生からもお褒めの言葉をいただき、大きなやりがいを感じたことでしょう。

また、本大会には英語科の学生が多数ボランティアとして裏方を務め、楽しく、意義のあるイベントになりました。今後、鹿児島にも英語落語の文化が花開くことでしょう。

平成29年度は英語科の学生7名が海外派遣事業に参加します

  • キャンパスレポート
  • 2017.11.10

今年度、英語科から「かごしま青少年海外研修事業」に4名、「鹿児島市青少年の翼」に3名の学生が採用され、それぞれの海外派遣事業に参加することになりました。

かごしま青少年海外研修事業 上海 平成29年11月15日(水)~11月18日(土)
かごしま青少年海外研修事業 香港 平成29年11月20日(月)~11月23日(木)
青少年の翼 ナポリ市ほか 平成29年12月10日(日)~12月17日(日)

英語科では海外研修や授業、また学内での国際交流を通して、海外への関心を高める取り組みを行っています。
特に海外派遣事業への参加を奨励しており、毎年地方自治体が主催する事業に学生が応募し、採用されています。

今年の英語ミュージカルは「Hairspray」!

  • インフォメーション
  • 2017.10.27

いよいよ明日、明後日の2日間「第40回純短祭」を開催します。

発表部門では、各科・専攻・コース、各クラブ活動による舞台発表が行われます。
日ごろの学びの成果を発表する2日間です。

舞台発表プログラム(PDF形式 : 228KB)

純短祭当日はそれぞれの係で舞台発表を見れない学生のために、本日、舞台発表の学内発表が行われました。
舞台発表に出演する学生たちは、各科・専攻・コースの特色を生かし、純短祭に向けて日ごろから準備、練習を行ってきました。さぁ!いよいよ本番です!

英語科の英語ミュージカルの様子を少しだけご紹介します。
今年も英語科2年生がパワフルなミュージカルをお届けします!

今年のミュージカルは「Hairspray」!
人種差別の残る60年代のアメリカを舞台に、BIGな女の子がBIGな夢をつかむシンデレラストーリーです。

平成29年10月28日(土)・29日(日)の2日間、「純短祭」へぜひお越しください。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

なお、純短祭当日は学内が工事中のため、駐車場をご用意できません
自家用車での来場はご遠慮いただき、公共交通機関をご利用くださるよう、お願い申し上げます。
また、鹿児島中央駅西口から本学までの無料シャトルバスを運行いたしますので、こちらもご利用ください。

詳しくはこちらをご覧ください>>> 第40回「純短祭」

英語科セントメリー寮で「Halloween Party」を行いました

  • キャンパスレポート
  • 2017.10.25

平成29年10月20日(金)に英語学習寮セントメリー寮で、英語科の「Halloween Party」が行われました。
英語科長をはじめ、先生方、学生がさまざまなコスチュームを身にまとい参加しました。

パーティーでは、学生が寮の各階ごとに分かれてグループになり、仮装してファッションショーやダンス、劇などをして楽しみました。また先生方が用意してくださったゲームも大変楽しかったです。
後期に入って初めてのイベントでしたが、新しいフロアの皆とさらに仲良くなれたいい機会となりました。

多くの学生にとっては初めての「Halloween Party」ということで、とても新鮮で有意義な時間を過ごすことができました。セントメリー寮ならではのこの体験は、忘れられない思い出の一つになったと思います。

(1年C.K.)

e_2017dormHalloween_1

e_2017dormHalloween_2

e_2017dormHalloween_3

e_2017dormHalloween_4

e_2017dormHalloween_5

e_2017dormHalloween_6

e_2017dormHalloween_7

e_2017dormHalloween_8 

英語科の卒業生3名が公立学校採用試験に合格!

  • インフォメーション
  • 2017.10.19

平成30年度公立学校教員採用試験に英語科卒業生3名(中学校英語、小学校、特別支援学校)が合格しました。

1名が樟南高校出身、2名が武岡台高校出身です。
3名とも英語科を卒業後、四年制大学の3年次に編入学し、その後、期限付きの教員として勤務をしながら、採用試験を受験し、見事に夢を実現させることができました。

なお、現役の2年生については、1名が一次試験を合格しました。

教員になることを目標にしている学生の中で、大学へ編入学する学生も増えてきました。
本学は、小論文や面接の個人指導、編入学支援講座も充実しており、編入学を目指す学生をしっかりサポートしています。

2017海外留学奮闘記 ~英語科留学生だより vol.4~

  • キャンパスレポート
  • 2017.10.16

留学でオーストラリアへ来て早くも5ヶ月が過ぎ、残すところ3ヶ月をきりました。
私はニューカッスル大学という語学学校へ通っており、毎日英語漬けの日々を送っています。
学校では午前に2時間、午後に2時間しか授業がないため、15時には学校が終わります。自由時間が多い分、勉強や自分のやりたいことに時間を費やせるので、とても充実した楽しい日々を過ごしています。

休みの日にはみんなで海へ行ったり、時にはボランティアなどをしています。
ホリデイでは1人でパースへ友人に会いにいきました。
ニューカッスルではできない体験をすることができたり、さまざまな人と出会う中で自分にとっていい刺激となっています。

現在はホリデイも終わり、アカデミックで勉強しています。とても難しいレベルですが、毎日新しいことを学ぶことができるので、とても楽しく授業を受けることができています。

初めの頃は、自分の英語力の低さを人と比べてしまったり、自分の言いたいことが相手にうまく伝えられず落ち込んだりしていました。
授業中でも先生から意見を求められ当てられた時に、間違えるのが怖くて分からないふりをしたり、黙ってしまうことがよくありました。
しかし、間違ってもいいから何にでも挑戦することや自分の意思を相手に伝える事が大切だと学びました。

私がこうやって頑張っていけるのも、まわりにいる友人や先生、日本で応援してくれる両親の存在があるからこそだと思います。
残りの期間、自分なりに精一杯頑張って楽しみ、悔いのないように過ごそうと思います。

*A.T.さん(鹿児島女子高校出身) は英語科2年生で、現在The University of Newcastleに留学しています。

2017海外留学奮闘記 ~英語科留学生だより vol.3~

  • キャンパスレポート
  • 2017.10.03

平成29年9月6日(水)に無事北京に到着し、清華大学での語学留学が始まりました。

到着してからの1週間でWi-Fiの接続や入学手続きなどを済ませ、先日プレイスメントテストも受験しました。
また、学内を歩き回りさまざまなところに足を運んでいるため、北京での生活にもだいぶ慣れてきました。

先日、英語科で中国語を教えていただいている張先生がわざわざ会いに来てくださいました。
北京の中でも、清華大学の周辺は車の乗り入れの規制があるほど混雑しています。
また、清華大学はとても大きな大学で出入口が4ヶ所あるため、先生とお会いできるか不安でしたが、無事にお会いすることができました。

中国語のクラスは、初級1、初級2、準中級、中級1、中級2、高級1、高級2、高級3の計8クラスあります。
プレイスメントテストを受けて、私は中級1のクラスになりました。

授業は「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「総合」の4科目があります。
1科目100分授業で、朝の8時から授業が始まります。
リスニングとスピーキングは授業についていくのがやっとの状態ですが、毎日クラスメートや先生に助けていただきながら頑張っています。
今後も、健康と安全第一で勉強に励みたいと思います。

 

*Y.I.さん(沖縄県立向陽高校出身)は英語科2年生です。
平成29年度鹿児島県清華大学留学支援奨学金を利用し、現在中国の清華大学に留学しています。

難関を突破し、今年も英語科の2名がCAに内定しました!

  • キャンパスレポート
  • 2017.09.28

就職活動、まだ半ばですが、今年も難関を突破して2名が某航空会社の客室乗務員(CA)に内定を頂きました。英語科2年のK.A.さんとK.H.さんです。

 

 

2人に就職活動中、特に頑張った点を尋ねました。

「就職活動中は、素直であること、そして何よりも自分らしくいることを心がけていました。指導してくださる先生方へ感謝の気持ちを持ち、常に自分らしさを忘れずに過ごすようにしました。」(K.A.さん)

「後悔しないことを目標に臨みました。せっかく掴んだチャンス。自分ができるすべてを思い切って出し切るよう努力しました。多くの方に支えられたことに感謝し、面接官には笑顔で自分の想いを伝えることができました。」(K.H. さん)

 

英語科では卒業後、航空関係の仕事に就きたいと考える学生が多くいます。そのニーズに応えてユニークな科目を開講しています。その一つが「エアラインホスピタリティ」です。この科目では、経験豊富な元CAの先生による的確な指導と演習を軸に授業を進め、エアラインの専門知識を学びます。さらに美しい話し方、洗練された身のこなしなど、外面の印象も磨いていきます。

授業以外でも、客室乗務員として活躍する卒業生から直接体験談を聞き、さまざまな質問をすることができる機会も設けています。このように、本学では学生たちの就職活動を手厚くサポートし、それぞれの夢を応援しています!

*K.A.さんは加治木高校、K.H.さんは武岡台高校の出身です。

「第5回英語科ホームカミングデイ」を行いました

  • インフォメーション
  • 2017.09.28

英語科卒業生のための集い「第5回英語科ホームカミングデイ」を平成29年9月23日(土)に開催し、英語科卒業生とそのご家族を含め約50名が母校に集まりました。
福山副学長をはじめ英語科教員と卒業生が、懐かしいキャンパスで学生時代を思い出しながら、楽しいひとときを過ごしました。

 

英語科にまつわるクイズショーでは、英語科の創設から現在に至るまでをクイズ形式で出題し、グループに分かれて解答しました。クイズショーは大いに盛り上がり、年代を超えて交流を深めることができました。

 

ランチは学生時代の懐かしい思い出が詰まったセントメリー寮で、恩師を囲みながら中辻シェフ特製のピザを堪能しました。

今回も大盛況のうちに「第5回ホームカミングデイ」が幕を閉じました。
参加してくださった卒業生の皆さま、どうもありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしています。