人間科学研究科心理臨床学専攻

心理臨床相談センター 臨床心理士としての資質をより深める実践の場

大学院人間科学研究科心理臨床学専攻の附属機関として開設されている心理臨床相談センターは公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士専任教員7名、臨床心理士有資格者4名と医師3名を含む客員相談員や大学院生を中心に運営され、対人関係、家族関係、こどもの発達やトラウマに関する、様々な心の問題について、利用者の皆様と一緒に考えていく場所となっています。

全国でも有数の充実した機能を持つ当センターは、プレイルーム4室、相談室4室他合計22室を備え臨床心理士としての資質をより深める実践の場になります。