デザイン表現コース(1年次前期)の授業紹介「形による表現」

2019.05.29

デザイン表現コースの1年次前期に開講される「形による表現」の授業をご紹介します。

この授業はデザイン表現コース1年生全員が「陶芸」「七宝・金属」「キルト」の3つすべてを受講し学びます。

「陶芸」は現在、自分で使うカップを制作中です。
形は出来上がりましたが、これから窯に入れて素焼きをし、その後釉薬をかけて本焼き後に完成です!

陶芸

「七宝・金属」は、リップホルダーを制作中です。
学生たちは細い作業に苦戦しながらも楽しそうに取り組んでいます。

七宝

七宝の作品

「キルト」はランチョンマットやタペストリーを製作中です。
布選びから形の決定まで、学生それぞれ自分の個性を生かしているようでした。

キルト

学生たちはこの「形による表現」で3つの実習を経験し、1年次後期に自分が学びを深めたいものを一つ決めます。
2年次前期からは1年次の経験を生かし、公募展などに出品することを目標に作品制作に励みます。

学生たちは初めて触れるものばかりのようですが、楽しんで授業を受けています!

ページトップへ
鹿児島純心女子短期大学 〒890-8525 鹿児島市唐湊4-22-1 TEL 099-253-2677 (C) Kagoshima Immaculate Heart College