食物栄養専攻の1年生がバス研修に行きました vol.2

2019.09.09

食物栄養専攻の1年生は、夏休みに入ってすぐの令和元年8月9日(金)にバス研修行きました。
このバス研修の目的は、鹿児島県の農業・畜産業や食品加工の現状を現場を見て感じ取り、学ぶことです。
今回は鹿児島県農業大学校様、鹿児島県パールライス株式会社様、キンコー醤油株式会社様にご協力いただきました。

午後からは、鹿児島市南栄にある鹿児島パールライス株式会社様とキンコー醤油株式会社様へ行きました。

鹿児島県パールライス株式会社では、毎日60tものお米が全国から届きます。
お米は15℃の低温冷蔵庫で保管されたあと精米され、石やゴミなどの異物、割れた米や育っていない米が取り除かれて包装されます。

原料米の搬入から見せていただきました

選別機で取り除いたものです

包装されたお米は自動でパレットに積まれます

原料米の保管庫です

鹿児島パールライスでは、普通白米57%、BG無洗米43%を取り扱っています。
BG無洗米とは精白米に残っている肌ヌカの粘着力を利用して、擦り合わせて取り除く方法です。
肌ヌカが綺麗に取り除かれるので洗米の必要がありません。
とても衛生的で、節水と環境汚染防止にも役立ちます。

工場見学の後は、お米のおいしい炊き方や無洗米のことなど、たくさん質問をしました。

質問に答えていただきました

お土産にBG無洗米もいただきました。
鹿児島パールライス株式会社様、本当にありがとうございました。

ページトップへ
鹿児島純心女子短期大学 〒890-8525 鹿児島市唐湊4-22-1 TEL 099-253-2677 (C) Kagoshima Immaculate Heart College