英語科「Chance! Challenge! Change! 〜進学・就活レポート〜」vol.3

2021.01.09

英語科の1年生がコロナ禍の進路決定に向けて走り出しました。
そこで、1年生が進路決定している2年生に直撃インタビューします!
勇気と希望を与えてくれる2年生の回答にご注目ください!

2年生 K.N.さん(国分高校出身)
南国交通株式会社(グランドスタッフ)内定

1年生 M.I.さん(松陽高校出身)

【Q.1】いつ頃、就職先が決まりましたか。

1年生の時は「まだ、大丈夫だ」と思っていたのですが、段々と自分の周りの人達が準備をしているのに気付き、早めに就職活動をスタートさせて、8月下旬に決まりました。

【Q.2】どのように就職先を決めましたか。

初めはエアライン関係しか考えていませんでした。昨年はコロナ禍でエアライン関係の就職がとても難しく、他の企業も考え始めたとき、こちらにご縁があり、内定をいただきました。

【Q.3】就活するにあたり一番苦戦したことは何でしたか。

コロナ禍で今まで考えていた就職先の選択肢を変えざるを得なくなり、前向きに気持ちを切り替えて就職活動を再スタートさせるのに苦戦しました。本当に就職できるかとても不安でした。

【Q.4】自己PRを考えているのですが、なかなかまとまりません。アドバイスをいただけないでしょうか。

自分から見る自分と、周りから見える自分は違うということに気付くため、家族はもちろん、友だちや先生など身近な人にインタビューをしました。それをノートにすべて書き出して、まとめていきました。ぜひやってみてください。

今回、N先輩の就職活動についてインタビューさせていただき、大変貴重なお話を聞くことができました。入学した時から2年間しかないという自覚はあったものの、一日一日で見ると課題に追われるばかりで、普段の休日や長期休みは就職活動のために動くことができていませんでした。先輩のお話を伺って、2年生に上がってからでは遅いのだと気付くことができました。
また、昨年コロナ禍で思うように就職先を決めることは難しかったと思いますが、N先輩は日頃から努力を怠らず、キャリア支援課をはじめ、周りの支えもあり、就職先を決めることができたというお話はとても励みになりました。
自己PRについても、N先輩のアドバイスを受け、家族はもちろん、友だちや先生方に自分がどう映っているかを尋ね、さっそくまとめてみたいと思っています。面接練習も含めて、一番は、日頃の努力だとN先輩のお話を聞いて改めて実感しました。
今回は、大変貴重なお話を本当にありがとうございました。

 

英語科「Chance! Challenge! Change! 〜進学・就活レポート〜」
ページトップへ
鹿児島純心女子短期大学 〒890-8525 鹿児島市唐湊4-22-1 TEL 099-253-2677 (C) Kagoshima Immaculate Heart College