こども学専攻「第2回オープンキャンパス」体験授業の様子

2019.08.19

令和元年8月10日(土)、第2回オープンキャンパスを開催し、こども学専攻では『感覚あそび』をテーマにした体験授業を行いました。

子どもは遊びを通じてさまざまなことを学び、いろいろな力を身に付けていきます。発達段階ごとに遊びの質が変わり、その時々の育ちに応じた遊びと環境を提供していくことが保育者には求められます。今回の体験授業では、人間にある五感の中の「触覚」に焦点を当て「ぬるぬる」「べちゃべちゃ」「ひんやり」を感じるスライム作りを通して学んでいただきました。

体験授業の様子

材料の配合によって固さなどが決まるため、綺麗なスライムを作るには難しそうでしたが、高校生、短大生が一緒になって上手にスライムを作ることができました。

液体から固形に変化する過程も面白いです!

綺麗なスライムが完成しました!

限られた時間でしたが、スライム作りを通して楽しく学んでいただきました。高校生と短大生が笑顔で会話している様子も楽しそうでした。

参加してくださいました高校生・保護者の皆さま、ありがとうございました。