こども学専攻2年生「幼稚園教育実習2」が始まりました

2019.05.27

令和元年5月27日(月)から2週間、こども学専攻2年生「幼稚園教育実習2」が始まりました。
「幼稚園教育実習2」は2年生になって最初の学外実習となります。

幼稚園教育実習へ向けての学生の意気込みと、実習準備の様子をご紹介します。

・今回、2度目の幼稚園教育実習になりますが、短大での学外実習としては4回目になります。回数を重ねるごとに目標や課題などが明確になってきていますが、今回の実習を通して子どもと関わる中で最も大切なものは何なのか、保育をする上で一つひとつの行動にどのような意図があるのか、学び、実践したいと考えています。部分保育や研究保育を行わせていただけることは、夢を実現するために大きな一歩だと思います。緊張や不安もありますが、全力で子どもとたちと楽しみたいと思います。(2年U.K.)

・1年次に初めての幼稚園実習で行った降園活動、絵本の読み聞かせは自分が思ってる以上に難しく納得のいくものができずに反省することが多かったです。今回の実習では、昨年の活動に加えて研究保育と給食指導を行います。日誌や指導案の両方を記入し作成することは、とても大変で毎日忙しい日々が続くと思いますが、私の一番の目標は子どもたちと笑顔で関わり日誌も指導案も何もかも最後までやりきることです。昨年より充実した2週間を過ごし、子どもたちの笑顔をたくさんみたいです。(2年M.M.)

実習で実際に行う保育の指導案を作成しています

作成中の指導案

制作活動の設定保育(玉入れ)の試作をしています

子どもたち一人ひとりにメッセージカードのプレゼントを準備中です。

開くと立体的にとびだすカードとなっています!