「かごしま学1」公開講義・文化講演会を開催します

2019.06.24

「かごしま学1」公開講義・文化講演会

主催:鹿児島純心女子短期大学 江角学びの交流センター
共催:かごしま県民大学中央センター【かごしま県民大学連携講座】
後援:鹿児島市教育委員会 南日本新聞社

日時:令和元年6月27日(木) 14:50~16:20
会場:鹿児島純心女子短期大学
入場無料(申込不要)駐車場有

講師:小川学夫氏(本学名誉教授)
演題:「島唄にみる奄美の女性像」

講演概要

今、奄美の島唄の世界では、総じて女性の歌い手が元気だ。何と溌剌と活躍している女性が多いことか。その理由の第一は、これまで島唄の伴奏楽器である三味線が男性専用であったというタブーが解かれ、女性も弾けるようになったことである。しかし、理由はそれだけない。民俗学、奄美風土論等々を総動員して、奄美における男女平等、ひいては女性の優位性について考えてみたい。
講師プロフィール等、詳しくはこちら>>>公開講義・文化講演会