日本語教官助手(TA)報告会 | 鹿児島純心女子短期大学

日本語教官助手(TA)報告会

2015.04.27

日本語教官助手(TA)の報告会を行いました!

平成26年4月、あるいは5月から3月中旬までの間に日本語教官助手として渡豪した英語科学生は在学生2名、卒業生3名の計5名でした。

2年生に復学した学生2名については、本学が平成26年度 独立行政法人国際交流基金「海外日本語教育実習生(インターン)派遣プログラム」に連携大学として採択され、経費の一部を国際交流基金が負担しました。

帰国したばかりの5名中4名が集まり、平成27年4月20日(月)に報告会を行いました。それぞれの学校での仕事内容や様々な異文化体験について語ってくれました。

  • TA報告会
  • TA報告会
  • TA報告会
  • TA報告会

「様々な体験の中で、自分自身を奮い立たせたものとは?」という質問に、全員、それぞれの学校の生徒たちが自分の母国語(日本語)を一生懸命に学んでいる姿であると答えていました。また、「事前に学んだ方がいいと思ったことは?」という質問には、「短大での授業を真剣に取り組み、自国の文化を説明できるようになること」と「英語運用力の向上のため、日々の努力を惜しまず続けていくこと」の重要性をアドバイスしていました。