「一人暮らしの学生の集い」を行いました

2020.05.25

令和2年5月23日(土)、一人暮らしの学生を対象に「一人暮らしの学生の集い」を行いました。

年々治安が悪化し、犯罪も増える社会状況の中で、特に一人暮らしの学生には、防犯に対する強い自覚が求められています。また、健全な食生活に基づく健康管理も学生生活を営む上で重要です。

この集いは、防犯と健康についての意識を啓発すると共に、一人暮らしの学生を支援し、楽しく充実した短大生活を送れるよう親睦深めていくことを目的として、毎年5月に開催しています。

右:現代ビジネスコース「情報プロデュース」の学生が作成した周辺Map

今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、例年より内容を縮小して行いました。

副学長のお話

防犯のDVDを見て学びました

食物栄養専攻の下川先生による「食生活について」

また、一人暮らしを経験している先輩の代表4名が「2年生からのアドバイス」として、一人暮らしの楽しいところ、大変なところ、工夫していることなどを発表しました。

防犯と健康に気をつけて、楽しく充実した短大生活を送りましょう!