「かごしま学2」の授業で『鹿児島まちづくり講座』を実施しました

2019.11.15

「かごしま学2」(1年次後期選択科目)の授業で、鹿児島市の御協力のもと『鹿児島まちづくり講座』を実施しました。本授業は12年来開講してきた「かごしま学」(1年次前期選択科目)ですが、昨年度後期より課題解決型授業「かごしま学2」として拡充しました。

『鹿児島まちづくり講座』は、一つのテーマに3コマを使った授業です。市役所職員の方や迫真一いづろ商店街振興組合事務局長らの興味深い講話を拝聴したあと、学生たちは与えられた課題について議論し、最後はグループごとに自分たちのアイデアをプレゼンします。

発表を聞いていただいた市役所職員の方々からは活発な質疑応答でフィードバックをしていただき、学生たちは自分の意見に自信が持てるようになりました。地域貢献活動の魅力を再発見し、ふるさと鹿児島のために尽くしていこうという意欲を高めています。

今年度は以下のような課題に取り組みました。

1 鹿児島市資源政策課から
・生ごみの減量化 ・若者に届く広報
・燃やせるごみの中から資源化できるものを考える。

2 鹿児島市産業支援課から
・中心市街地(特に天文館の商店街)にもっと多くの人を呼び込む仕掛けづくり

講話

グループワーク

プレゼンの様子

中馬産業支援課長

プレゼン例1

プレゼン例2

プレゼン例3

鹿児島市職員の皆さまをはじめ、学生たちの発表を温かいまなざしでみていただいた関係者の皆さま、ありがとうございました。