初等・中等(英語)教育専攻 こども発達コース

関連ページ一覧を表示

初等・中等(英語)教育専攻 こども発達コース

コース案内・資格取得・進路

コース案内・資格取得・進路

こども発達コースでは、こどもたちの育ちを乳幼児から小学生、中学生、高校生まで一貫して支援していくことのできる教育者・保育者を養成します。
人生初期における貴重なこどもたちの経験、学習を支えていくための知識、こどもたちが置かれている環境や関係性に働きかけて、こどもの幸せを実現するための方法、そしてフィールドワークや実習などの多くの実践活動を通して、こども一人ひとりに寄り添うスキルなどを身につけ、「こどもの成長の支援者」になることを目指します。


学びのPOINT

学びのPOINT

学びのPOINT

1.幼児教育から小学校教育への円滑な移行を支援

  • 幼稚園から小学校への移行期に感じるこどもたちの不安を理解し、小学校への適応が円滑に行われるよう支援する力を身につけます。

2.幼稚園と保育士または小学校の教員免許を同時に取得可能

  • こどもたちの人生の初期における貴重な体験や学習を支える技術を修得し、また心理学も学ぶことで「心のケア」のできる教育者・保育者を目指します。

3.豊富な体験学習による実践力を身につける

  • こどもの置かれている環境を把握し、一人ひとりに寄り添うため、フィールドワークや実習を通してそのスキルを身につけます。

子どもを「伸ばす」「支える」「育てる」ことのできる豊かな人間性を持った教育者・保育者を育てます。

学びの内容

子ども一人ひとりの発達に応じて育てる知識・技術・実践力を持つ支援者へ

こども発達コースでは、子どもと子どもを取り巻く家庭などの環境を「伸ばす」「支える」「育てる」ための力を養います。教育・保育に関わる学びを通じて、子どもや家庭の持っている力を伸ばし、心理的側面から支え、一人ひとりの発達に応じて育てることのできる支援の実践者を目指します。

目標

  • こどもの心のケアができる保育者
  • こどもの発達を深く理解した小学校・特別支援学校の教員

取得できる資格

  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 小学校教諭一種免許状
  • 特別支援学校教諭一種免許状(知的障害者)
  • 保育士、社会福祉主事任用資格
  • 学校心理プログラム認定証(本学独自)
  • 公認心理師国家試験受験資格一部要件(選考基準あり)

※ただし、取得できる資格には組み合わせがあります。

資格取得モデル

期待できる未来像

認定こども園、幼稚園・保育士の先生、子育て支援センターの職員、
児童養護施設、障害児支援施設、療育施設などの職員、幼稚園での特別支援コーディネーター など

Q&A

Q1.短期大学でも幼稚園教諭や保育士の資格は取れると思うのですが、何か違いはあるの?

A1.取得できる資格は同じですが、4年間という時間の中で教育・福祉・心理領域の科目を選択することができ、広く深く子どもたちの育ちを支援する視点を養うことができます。
例えば、障がいのある子どもに対する支援や家庭への支援のあり方を考える時には、物事を多角的に捉えることが重要となってきます。このような学びを充実させるための十分な時間と体験を用意しています。

Q2.子どものことだけでなく心理学についても興味があるのですが、学ぶことができますか?
A2.同じ学科の中に心理・文化専攻があり、心理学を専門とする教員も多くいます。こども発達コースの科目の中にも心理学に関する科目が多くあり、人間に対して理解を深めることができます。
また、心理・文化専攻で開講されている公認心理師受験資格に対応した科目を履修することで、幼稚園教諭や保育士の資格だけでなく、将来的に公認心理師を受験する道も開かれています。(ただし、人数制限があります)