ライオンズクラブ主催ヨーロッパ イタリア研修について聞いてみました

 

 ライオンズクラブが実施したヨーロッパ イタリアでの研修プログラムに本学の国際人間学部ことばと文化学科の山元 彩矢佳さんが参加しました。
 そこで帰国された山元さんにイタリア研修での出来事や感想を聞いてみました。


1) 今回の研修内容と、参加しようと思ったきっかけは何ですか?

 ライオンズクラブがスポンサーとなって行われるプログラムで、異国間での相互理解を深め国際感覚を養うことを目的とする研修でした。今回、私は父の勧めで応募し、イタリアへ派遣されました。イタリアの方はもちろん、世界中からイタリアへ派遣されてきた多国の派遣生と交流する機会を得られました。

2)研修中の印象に残った思い出は何ですか?

 ローマ法皇にお会いしたことです。教科書やテレビでしか拝見したことがない法皇を直接拝見した時の感動は忘れられません。一生の思い出に残る体験でした。

3)研修を振り返って、今後の参考となるような「気づき」はありましたか?

 今回の研修の中で、イタリアの高校を訪れる機会がありました。イタリアの学校では授業中も発言が絶えず、自分の意見をしっかり言える学生が多かったです。また英語で話しかけてくれる高校生が沢山いて、積極性というものを肌で感じました。と同時にこれがイタリアの国民性なのではないかと気づいた瞬間でした。

4)海外に行くことを迷っている人へメッセージを

 海外へ出ようか、迷っている方はぜひチャレンジしてみてください。そこでの出会いが自分を変えてくれると思います。外へ出て、色々な人と出会うことで世界の広さ、考え方の違い、生活や文化の違いに気づかされます。日本にいては分からないことに気づくためにも、ぜひ勇気を振り絞って一歩を踏み出してみてください!

 

 

ことばと文化学科 山元 彩矢佳さん