食物栄養専攻

main_food

lead_food


トピックス

全ての一覧


学びの特色

人間性と指導力豊かなスペシャリストを育成
栄養士や栄養教諭、フードサイエンティストに必要な専門教育科目が履修できます。チームによる実験・実習・演習を通して、柔軟な人間性と指導力を備えた人材を育成します。
現場で生きる情報活用能力
コンピュータを活用した給食管理、栄養指導資料の作成など、栄養士業務で必要な情報活用能力を身に付けることができます。
豊富な実習チャンスで培う自信
1年次からインターンシップを体験します。学内で行う給食管理実習で給食の運営を学んだ後、学外の病院・保育園・福祉施設など、栄養士の就業現場で実習を行います。
認定試験の優れた実績と進学支援
(社)全国栄養士養成施設協会が実施する「栄養士実力認定試験」では、多くの学生が認定Aと評価され、全国平均を上回る成績です。四年制大学への編入学も支援します。

生活学科の国際交流

先輩からのメッセージ

food_seito1

food_voice

本専攻では栄養素の特性や体内での働きなどを学びます。
さらに調理学実習や食品加工学実習、食品衛生に関する実験などを行い、栄養士に必要な食の知識や技術を身に付けることができます。
実習や実験が1年次から多く、実践的に学べるのが魅力です。
私は保育園の栄養士を目指しているので、子どもに必要な栄養や献立、調理形態を特に熱心に学んでいます。
また、栄養士としての勉強だけでなく食事の作法やおもてなしなどの基礎も教わっています。
先生方が詳しく丁寧に教えてくださるので、知識を深めることができます。

food_seito2
Eさん
(鹿屋高校出身)
Qこのコースを選んだ理由は?
A高校時代に好きだった化学と生物を学べる学校を探していました。担任の先生に紹介していただいたのが本専攻です。化学や生物の分野を人の健康に役立てられることや、図書館などの充実した学習環境にひかれ、受験を決めました。
Q入学して良かったことは?
A好きなことが学べて、それを人の健康に役立てられる喜びを感じています。食や健康を考えるときは、人との関わりが切り離せません。相手を思いやる気持ちの大切さも大事にしている短大なので、入学して良かったと思います。

取得可能な資格・免許

栄養士免許証
病院、保育園、福祉施設、学校など給食を提供する様々な職場で、栄養士として調理や献立作成などの給食管理業務に就くことができます。所定の専門科目を修得して卒業した後、都道府県知事に免許申請することで取得できる資格です。
栄養教諭二種免許状
栄養教諭は、平成17年度から施行された免許です。学校給食における栄養や衛生管理など、学校給食の運営、児童・生徒の食育やアレルギーへの対応などを行います。専門科目のほか、教職科目の修得が必要です。
フードサイエンティスト
食品に関する科学的な知識と技術をベースに、食品関連の技術者として働くスペシャリストに与えられる資格です。指定の専門科目の単位取得で認定されます。食品企業の衛生管理や品質管理業務に就くこともできます。
社会福祉主事任用資格
福祉事務所や社会福祉施設などで働く場合に必要となる資格です。
管理栄養士国家試験受験資格
短大卒業後、3年間の栄養士の実務経験満了日以降、管理栄養士国家試験を受験することができます。

食物栄養専攻の就職・進学状況


知って見て体感純心

  • 卒業生の声
  • インターンシップ
  • 輝ける自分を目指して
  • 就職進学

 gakka-jukensei


gakka-course

学生を支え、助けるスタッフ陣

職名 氏名 研究分野 主な担当科目
教授 大山 典子 臨床栄養学 基礎調理学実習Ⅰ・Ⅱ
教授 櫻井 真 海洋生物学 食品学総論・各論
教授 中馬 和代 給食管理 学校栄養教育論
准教授 榊 順子 栄養教育 学校栄養教育論
准教授 進藤 智子 食生活、調理 公衆栄養学
准教授 三島 朋子 食中毒細菌品質管理 食品衛生学

教育・研究スタッフ 一覧