デザイン表現コース

main_design

lead_design

平成30年度からパワーアップします。


トピックス

全ての一覧


学びの特色

デザインの分野を新たに追加
形やことばで自己表現する方法を身に付けることで、豊かな人間力を形成し、学ぶ楽しさに気づき、深め、主体的に行動する力を育みます。
実習科目をさらに充実
創造力を高め、色や形の知識を生活やビジネスの現場で生かし、社会に求められる広い視野と柔軟な発想力を身に付けます。
分野選択の可能性を拡大
デザイン・アート・ファッションなどのさまざまな表現方法を学び、自らの手で快適な空間を創造する技術を身に付け、新しい時代を生き抜く力を育てます。
発表の場を豊富に用意
公募展出品や学内外のファッションショーに出演することで地域と密接にかかわりを持ち、人と人とのつながりを大切にし、2年間の集大成として卒業制作展で作品を発表します。
コンピュータの必携化と活用
デザイン表現コースで学ぶ上で必要不可欠なものとして、コンピュータの購入と必携化(Macを推奨)、 Adobe Creatice Cloudの導入を入学者全員に求めることになりました。 いつでも、どこでも、自由にアイデアを形にできる学修環境を十分に活用して学び、卒業する頃に は、自分で環境を整えることができ、二年間の成果をその環境ごと持って卒業できます。
※入学後に説明会を予定しています。

学びのかたち

1年次【前期】

共通科目で基礎を学ぶ
「デッサン」や「色彩演習」、「グラフィックデザイン」、「形による表現」、「ファッション基礎実習」など、2年間の基礎となる知識・技術を学びます。キャリア形成の基礎となる科目も学び、自分の将来について考えます。

1年次【後期】

社会人力を身に付ける
キャリア形成支援の科目やインターンシップなどの研修を通して、将来のキャリアデザインを考えます。また、明確な意図を持ってデザインし、作品として表現する自己表現の技法を身に付けると同時に相手の意図に気づき尊重する“受け手”となります。

2年次【前期】

創造力と表現力を高める
1年次の内容を専門的に高め、創造力と表現力を高めます。また、自分を表現することの楽しさを知り、就職活動に生かします。さらに、コンピュータを用いた情報活用能力を高め、プレゼンテーション能力も身に付けます。

2年次【後期】

応用力と適応力を身に付ける
大学祭や卒業制作展などの発表の場で、企画から演出まで総合的にプロデュースします。学外での発表の場も多く、地域社会とのつながりから視野を広げ、応用力と適応力を養います。

取得可能な資格・免許

司書
所定の単位を取ることで取得できる国家資格です。本コースでの多岐にわたる学び は、公共図書館や学校図書館、企業の資料室業務にも役立ちます。図書館司書としての専門知識に加え、空間の演出力とデザイン力を備えた司書をめざし、図書館全体をデザイン・プロデュースします。
社会福祉主事任用資格
社会福祉主事になるためにはこの任用資格を得ることが必要です。社会福祉主事と は、さまざまな理由で日常生活に困っている人の相談、援助を行い、公務員として業務に就いて初めて名乗ることができるものです。この任用資格を福祉施設職員の採用基準の一つとしているところもあります。
秘書士
秘書業務の理解をはじめ、スケジューリング、接遇、言葉遣い、慶弔、贈答のマナーなど、社会人として知っておきたいビジネスマナーも学べる資格です。
ファッションアドバイザー(本学認定)
ファッションコーディネートや着こなしについて提案できる専門知識や技術を修得し、アパレル商品を求めるお客様のニーズに応えられるプロ意識の高い販売員を目指します。

知って見て体感純心

  • 卒業生の声
  • インターンシップ
  • 輝ける自分を目指して
  • 就職進学

受験生応援サイト


gakka-course