各学科・専攻・コースの取組

生活学科 現代ビジネスコース 水田プロジェクト

錦江町「純心水田」で稲作に挑戦

水田プロジェクト
地域貢献プロデュースは、地域社会との交流体験に根ざした教育および社会貢献活動に取り組みます。水田プロジェクトでは、参加者を募り、錦江町に用意された「純心水田」で、田植え、除草(田車押し)、稲刈り(掛け干し)を協働し、収穫したお米の販売、商品化を行います。普段の授業とは異なる経験が、自主性や協調性を養い、自分自身の成長につなげることができます。

生活学科 生活クリエイトコース 衣装製作&ファッションショー

地域のイベントで地域貢献

ファッションショー1 ファッションショー2

鹿児島県や県内企業の依頼を受け、衣装の製作や学外で開催されるイベントに出演、参加しています。多くの発表の場があるのも本コースの魅力のひとつです。

平成26年

5月 ぐりぶー、さくら新婚旅行の衣装製作
9月23日 鹿児島ウエディングフェスタ
11月15日 本場大島紬産地まつり
1月30日 本場大島紬と鹿児島の食を楽しむ夕べ

平成27年

2月 22日 「デザイン百覧会」ミュージックギャラリー衣装提供
3月14日 天文館ビューティー&ミュージックフェスタ2015

生活学科 こども学専攻 こどもバンド

「未来は子どもの手の中に」を掲げ~We love kids~

こどもバンド1
将来、保育の現場で器楽合奏を楽しむために、学生たちによって、自主的に結成された課外活動です。平成14年に純短祭のステージで第1回の演奏を披露して以来、毎年子どもたちにおなじみの楽器で工夫を凝らしながら活動を続けています。ときには、学内の行事以外に学外イベントにも出演し、多くの方に喜ばれています。ちゃばん(チャイルドバンド)の愛称で親しまれ、こども学専攻のほとんどの学生が参加しています。
こどもバンド2

子どもたちの未来のように明るい音楽を

こどもバンドの活動で、音楽で人を笑顔にすることの素晴らしさを実感しました。同じ目標を持った仲間との演奏はとても楽しく、自信にもつながります。特に心に残っているのは純短祭でのステージ演奏です。全員で協力し、ひとつのものを作り上げた経験は大きな達成感を与えてくれました。今後も心に残る演奏が届けられるよう、一生懸命活動していきたいです。子どもたちの未来のように、明るく楽しい音楽を発信していきましょう。

「こどもバンド」活動内容(平成26年度実施)

学内
7月20日 キャンパス見学会(オープニング)
10月25・26日 純短祭
12月13日 親子のお楽しみクリスマス会
12月23日 学内クリスマス会
学外
12月14日 なかまっちファミリーコンサート
(鹿児島市親子つどいの広場)
12月23日 冬のメルヘン童謡コンサート
(かごしまメルヘン館)

生活学科 食物栄養専攻 お魚まつり~魚食普及・市民感謝デー~

魚類市場で魚の美味しさ、魅力を発信

鹿児島市魚類市場の競り場を開放し、市民に魚の美味しさや魅力を知ってもらう「お魚まつり」。魚介類の販売コーナーがならぶ会場に、食物栄養専攻の学生が「美味しい魚の秘密」という名前で展示を行いました。カツオ、タイ、サバ類などを並べ、触れることで魚に親しみと関心を持ってもらうことを目的に、学生たちは来場者に積極的に声をかけて魚を紹介しました。

魚に触れる体験が子どもに大人気!

お魚まつり
魚の栄養成分、赤身の魚と白身の魚についてポスターを掲示しました。また、カツオ、タイ、アジ、サンマ、イワシなど様々な魚の実物を並べ、直接見て触れることができるようにするなど、来場の方々に魚に興味を持ってもらう工夫をしました。特に魚に触れることの少ない子どもたちに大好評でした。多くの世代の方々と触れ合い、どうしたらより興味を抱いていただけるのか等を考えながら、人に伝える楽しさを知ることができました。
Hさん(樟南高校出身)

英語科 「薩摩剣士隼人」英訳プロジェクト

鹿児島を英語で世界に発信

英訳プロジェクト
英語科では、人気テレビ番組「薩摩剣士隼人」の英語字幕翻訳に取り組んでいます。プロジェクトを通して、場面や話し手の意図に合った的確な英語表現を、鹿児島弁のニュアンスなども考えながら、楽しく学ぶことができます。制作した英語字幕版はオーストラリアの留学生に見てもらい、ラーメンなど鹿児島の特産物を紹介するのに役立てています。平成25年度は、ついに留学生の前に、隼人とヤッセンボーがサプライズで登場し、英語でショーを行いました。日本のご当地ヒーローの文化を直接体験できたとあって、大変喜ばれました。なお、英語字幕版は「薩摩剣士隼人」公式HPからご覧いただけます。また、かごしまPRキャラクターのドラマ「ぐりぶー物語」の英訳にも着手し、第1話がすでに公開されています。2年次には「“サブカル英訳”かごしま」で、翻訳のコツを勉強します。