自治体・企業等との連携

地域と強くつながる純心短大

本学では、郷土の活性化に貢献する人材を輩出するため、自治体やNPO、企業との連携や学生ボランティアによる地域貢献活動に積極的に取り組んでいます。

松栄軒×鹿児島純心女子短期大学

株式会社松栄軒と「産学連携に関する協定」を締結しました

平成29年7月10日(月)、株式会社松栄軒(代表取締役社長 松山 幸右様)は出水市に本社があり、弁当(主に駅弁)の製造販売を行っている会社です。 株式会社松栄軒と本学の食物栄養専攻は、鹿児島ユナイテッドFC応援弁当の開発を行ってきましたが、この度、食の分野から地域社会の発展に寄与することを目的として産学連携協定を結びました。今後も共同で鹿児島ユナイテッドFC応援弁当の開発などを行う予定です。

一般社団法人チェスト連合×鹿児島純心女子短期大学

一般社団法人チェスト連合と産学連携協定を結びました

平成29年4月1日(土)、一般社団法人チェスト連合と産学連携協定を締結しました。一般社団法人チェスト連合は、鹿児島のご当地キャラクターが結集し、鹿児島をPRするために設立されました。代表理事は、『薩摩剣士隼人』、『ぐりぶー物語』の監督として著名な外山雄大氏です

鹿児島銀行×鹿児島純心女子短期大学

鹿児島銀行と地方創生へ向けて産学金連携協定を結びました

平成29年4月7日(金)、鹿児島県内の企業と教育機関が連携して地方創生を実現するため、鹿児島銀行と県内の大学・短大・専門学校8校が協定を結びました。将来を担う産業の育成や創出を狙い、銀行が地元企業と教育機関を繋ぎ、共同研究や商品開発、学生の起業の後押し等、産学金が協力することを目的としています。

鹿児島市×鹿児島純心女子短期大学

鹿児島市と包括連携協定

鹿児島市と包括連携協定を結びました

平成28年2月2日(火)、鹿児島市役所で協定締結式が行われました。
鹿児島市と本学は、包括的な連携の下、それぞれの資源や機能等の活用を図りながら、幅広い分野で相互に協力し、地域社会の発展に寄与することを目的として「鹿児島市と鹿児島純心女子短期大学との包括連携に関する協定」を締結しました。今回の包括連携協定により、学生の学びが鹿児島の市民生活と広く深くつながり、より一層アクティブなものになるものと期待しています。

詳しくはこちら

その他の取組は、こちらをご覧ください。

本場大島紬織物協同組合×鹿児島純心女子短期大学

本場大島紬織物協同組合と本学は、平成28年2月18日(木)に産学連携協定を結びました。本学では、2003年から学生が大島紬を使ってドレス等を製作し、「国民文化祭かごしま」や大学祭等でファッションショーを行っていました。

  • img1
  • img2

本場大島紬織物協同組合との協定締結式

  • img3
  • img4

国民文化祭かごしま2015「本場大島紬フェスティバル」

その他の取組は、こちらをご覧ください。

錦江町×鹿児島純心女子短期大学

連携協定

錦江町と包括的連携協定を結びました

これまで本学は、錦江町のご当地キャラクターの衣装制作やスイーツの共同開発などを手がけてきました。平成26年3月には、観光、教育、文化などの幅広い分野での連携協定を結び、さらなる地域おこしと人材育成を目指しています。


水田プロジェクト
錦江町内の水田で「純心米」を作っています。昨年は田植えや田車を使った除草作業、かかし作りに挑戦し、8月にはたくさんのもち米を収穫しました。
作業の指導や昼食時間など、地元の方と交流する機会もあり、学生たちには新鮮な時間となりました。
  • 3-2
  • 3-3
  • 3-4
  • 3-6
  • 3-7
  • 3-8

マルシェプロジェクト
錦江町が参加するイベントに、純短生も応援に駆けつけます。平成27年2月28日からの2日間、ドルフィンポートで開催された「隅くじら市」では、「水田プロジェクト」のもち米を使った“でん福餅”を販売しました。
  • 4-1
  • 4-2
  • 4-3
  • 4-4
  • 4-5

絵本制作
錦江町のゆるキャラ「でんしろう」を主人公にした絵本を純短生が制作しました。完成した「でんしろうのもり」は、ストーリーも絵もすべて学生が創作した自信作。多くの子どもたちに読んでもらいたい内容です。
  • 4-10
  • 4-9

PR活動
本学では県内最大のお祭り「おはら祭」の総踊りに毎年参加しています。平成26年は錦江町の皆さんが踊り連に加わり、ゆるキャラ「でんしろう」も飛び入り参加!キュートなゲストを学生たちも笑顔で迎えました。
  • 4-7
  • 4-8

その他の取組は、こちらをご覧ください。