英語科

英語科の卒業生3名が公立学校採用試験に合格!

  • インフォメーション
  • 2017.10.19

平成30年度公立学校教員採用試験に英語科卒業生3名(中学校英語、小学校、特別支援学校)が合格しました。

1名が樟南高校出身、2名が武岡台高校出身です。
3名とも英語科を卒業後、四年制大学の3年次に編入学し、その後、期限付きの教員として勤務をしながら、採用試験を受験し、見事に夢を実現させることができました。

なお、現役の2年生については、1名が一次試験を合格しました。

教員になることを目標にしている学生の中で、大学へ編入学する学生も増えてきました。
本学は、小論文や面接の個人指導、編入学支援講座も充実しており、編入学を目指す学生をしっかりサポートしています。

2017海外留学奮闘記 ~英語科留学生だより vol.4~

  • キャンパスレポート
  • 2017.10.16

留学でオーストラリアへ来て早くも5ヶ月が過ぎ、残すところ3ヶ月をきりました。
私はニューカッスル大学という語学学校へ通っており、毎日英語漬けの日々を送っています。
学校では午前に2時間、午後に2時間しか授業がないため、15時には学校が終わります。自由時間が多い分、勉強や自分のやりたいことに時間を費やせるので、とても充実した楽しい日々を過ごしています。

休みの日にはみんなで海へ行ったり、時にはボランティアなどをしています。
ホリデイでは1人でパースへ友人に会いにいきました。
ニューカッスルではできない体験をすることができたり、さまざまな人と出会う中で自分にとっていい刺激となっています。

現在はホリデイも終わり、アカデミックで勉強しています。とても難しいレベルですが、毎日新しいことを学ぶことができるので、とても楽しく授業を受けることができています。

初めの頃は、自分の英語力の低さを人と比べてしまったり、自分の言いたいことが相手にうまく伝えられず落ち込んだりしていました。
授業中でも先生から意見を求められ当てられた時に、間違えるのが怖くて分からないふりをしたり、黙ってしまうことがよくありました。
しかし、間違ってもいいから何にでも挑戦することや自分の意思を相手に伝える事が大切だと学びました。

私がこうやって頑張っていけるのも、まわりにいる友人や先生、日本で応援してくれる両親の存在があるからこそだと思います。
残りの期間、自分なりに精一杯頑張って楽しみ、悔いのないように過ごそうと思います。

*A.T.さん(鹿児島女子高校出身) は英語科2年生で、現在The University of Newcastleに留学しています。

2017海外留学奮闘記 ~英語科留学生だより vol.3~

  • キャンパスレポート
  • 2017.10.03

平成29年9月6日(水)に無事北京に到着し、清華大学での語学留学が始まりました。

到着してからの1週間でWi-Fiの接続や入学手続きなどを済ませ、先日プレイスメントテストも受験しました。
また、学内を歩き回りさまざまなところに足を運んでいるため、北京での生活にもだいぶ慣れてきました。

先日、英語科で中国語を教えていただいている張先生がわざわざ会いに来てくださいました。
北京の中でも、清華大学の周辺は車の乗り入れの規制があるほど混雑しています。
また、清華大学はとても大きな大学で出入口が4ヶ所あるため、先生とお会いできるか不安でしたが、無事にお会いすることができました。

中国語のクラスは、初級1、初級2、準中級、中級1、中級2、高級1、高級2、高級3の計8クラスあります。
プレイスメントテストを受けて、私は中級1のクラスになりました。

授業は「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「総合」の4科目があります。
1科目100分授業で、朝の8時から授業が始まります。
リスニングとスピーキングは授業についていくのがやっとの状態ですが、毎日クラスメートや先生に助けていただきながら頑張っています。
今後も、健康と安全第一で勉強に励みたいと思います。

 

*Y.I.さん(沖縄県立向陽高校出身)は英語科2年生です。
平成29年度鹿児島県清華大学留学支援奨学金を利用し、現在中国の清華大学に留学しています。

難関を突破し、今年も英語科の2名がCAに内定しました!

  • キャンパスレポート
  • 2017.09.28

就職活動、まだ半ばですが、今年も難関を突破して2名が某航空会社の客室乗務員(CA)に内定を頂きました。英語科2年のK.A.さんとK.H.さんです。

 

 

2人に就職活動中、特に頑張った点を尋ねました。

「就職活動中は、素直であること、そして何よりも自分らしくいることを心がけていました。指導してくださる先生方へ感謝の気持ちを持ち、常に自分らしさを忘れずに過ごすようにしました。」(K.A.さん)

「後悔しないことを目標に臨みました。せっかく掴んだチャンス。自分ができるすべてを思い切って出し切るよう努力しました。多くの方に支えられたことに感謝し、面接官には笑顔で自分の想いを伝えることができました。」(K.H. さん)

 

英語科では卒業後、航空関係の仕事に就きたいと考える学生が多くいます。そのニーズに応えてユニークな科目を開講しています。その一つが「エアラインホスピタリティ」です。この科目では、経験豊富な元CAの先生による的確な指導と演習を軸に授業を進め、エアラインの専門知識を学びます。さらに美しい話し方、洗練された身のこなしなど、外面の印象も磨いていきます。

授業以外でも、客室乗務員として活躍する卒業生から直接体験談を聞き、さまざまな質問をすることができる機会も設けています。このように、本学では学生たちの就職活動を手厚くサポートし、それぞれの夢を応援しています!

*K.A.さんは加治木高校、K.H.さんは武岡台高校の出身です。

「第5回英語科ホームカミングデイ」を行いました

  • インフォメーション
  • 2017.09.28

英語科卒業生のための集い「第5回英語科ホームカミングデイ」を平成29年9月23日(土)に開催し、英語科卒業生とそのご家族を含め約50名が母校に集まりました。
福山副学長をはじめ英語科教員と卒業生が、懐かしいキャンパスで学生時代を思い出しながら、楽しいひとときを過ごしました。

 

英語科にまつわるクイズショーでは、英語科の創設から現在に至るまでをクイズ形式で出題し、グループに分かれて解答しました。クイズショーは大いに盛り上がり、年代を超えて交流を深めることができました。

 

ランチは学生時代の懐かしい思い出が詰まったセントメリー寮で、恩師を囲みながら中辻シェフ特製のピザを堪能しました。

今回も大盛況のうちに「第5回ホームカミングデイ」が幕を閉じました。
参加してくださった卒業生の皆さま、どうもありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしています。

英語科1年生「洋食のテーブルマナー」研修

  • キャンパスレポート
  • 2017.09.27

平成29年9月23日(土)、英語科の1年生を対象に本格的な洋食テーブルマナーセミナーが行われました。
場所は鹿児島サンロイヤルホテルの最上階にあるスカイラウンジ「フェニックス」で、講師はホテルの方が務めてくださいました。友人と会話を楽しみながらリラックスした雰囲気の中で、テーブルマナーを学ぶことができました。

 

 

お料理のいただき方はもちろん、食べ終わった後のマナーやテーブルマナーの歴史など、知らないことをたくさん教えてくださり、大変勉強になりました。

 

 

お料理は色とりどりのオードブルバリエに始まり、木ノ子のスープ、舌平目と小エビのピザ風ロースト、スペイン産イベリコ豚肩ロース肉の低温調理マスタードソースと続きました。パンはデュカという香辛料と一緒にいただきました。最後はデザートの安納芋とキャラメルのガトー、フルーツをホットコーヒーと一緒にいただきました。どのお料理も見た目も味も楽しむことができました。

 

    

 

これから社会に出て多くの人と食事をする機会があると思います。その際には、今回のセミナーの経験を生かして堂々と楽しく食事をしたいです。とてもいい経験になりました。(1年C.K.)

2017海外留学奮闘記 ~英語科留学生だより vol.2~

  • キャンパスレポート
  • 2017.09.04

オーストラリアに来て約4ヶ月が経ち、残す所半分を切りました。親元を初めて離れ、知り合いも友人のTさんしかいない中、最初の1ヶ月はとても濃い月となりました。悩みを聞いてくれる人の大切さが身にしみました。

語学学校の生活、ホストファミリーとの生活はとても充実していて毎日が楽しいです。特に私のホストファミリーは子供が2人いらっしゃり、ホストシスターとはDVDを見たり、歌を歌ったり、ダンスをしたり、外で遊んだり本当の妹のように毎日一緒に遊んでいます。また、私の英語のスキルを向上させてくれる良い存在となっています。

ホストファミリーは素敵な家族でいろいろな場所に連れて行ってくださいます。ホストファミリーは音楽を聴くことが大好きで、その影響で私もオーストラリアに来てたくさんの曲を聴くようになり、音楽が私の励みにもなっています。最初の2ヶ月はホストファミリーとなかなかコミュニケーションがとれずに一人で泣いていました。しかし、4ヶ月経った今ではだんだんと思ったことを伝えることができるようになり、毎日楽しい時間を過ごしています。

 

私が通っているニューカッスル大学の語学学校では現在15名のクラスメートと一緒に勉強しています。15名中13名が中国人、残り2名はベトナム人と私です。先週4週間だけ来ていた日本人の学生とも一緒に勉強をしていました。初心に戻る良い機会となり、自分の英語力の未熟さに気づくことができ、もっと努力をする必要があると感じました。

また、授業では自分の意見を発表する機会がたくさんあります。私は人前で話すことがとても苦手でした。しかし、少しずつですが、自分の考えを堂々と言えるようになったのではないかと思います。残りの4ヶ月で、もっと力をつけたいと考えています。

休日は海に行ったりショッピングに出かけたりと楽しく過ごしています。オーストラリアの海はとても綺麗です。オーストラリアに来てから海が大好きになりました。

 

オーストラリアで勉強できるのも残り4ヶ月を切りました。オーストラリアに来て、時間の大切を感じます。残りの生活を決して無駄にしないためにオーストラリアでしかできないこと、また自分の限界まで英語の勉強をし、自分の夢を叶えられるように頑張りたいです。留学を経験させてくれた両親に感謝しながら充実した残りの時間を悔いなく過ごせるようにしたいです。

 

*A.H.さん(鹿児島女子高校出身)は英語科2年生で、現在The University of Newcastleに留学しています。

中国「清華大学」への留学生が鹿児島県知事を表敬訪問しました

  • キャンパスレポート
  • 2017.09.01

平成29年8月28日(月)、鹿児島県庁において、平成29年度鹿児島県清華大学留学支援奨学金奨学生10名が知事を表敬訪問しました。
鹿児島大学4名、鹿児島国際大学4名、志学館大学1名の学生と共に、本学からは英語科2年生のIさんが出席しました。

清華大学へ出発するまで約1週間となりました。
Iさんは、「日中の相互理解と友好交流を促進し、これからの鹿児島に貢献できるような人材になれるよう、英語に加えて、中国語の習得に励んできます!」と意気込みを語ってくれました。

英語科ホームカミングデイ開催のお知らせ(申込方法)

  • インフォメーション
  • 2017.09.01

Welcome back to Junshin and St. Mary’s Hall

英語科卒業生の皆さまへ

『英語科ホームカミングデイ』とは英語科卒業生のための集いのことです。

毎年、多くの卒業生にお集まりいただき、ありがとうございます。今年度も恩師や級友の方々と旧交を温めていただきたく、第5回英語科ホームカミングデイを開催いたします。

思い出のキャンパスで楽しいひとときを過ごしませんか。

 

【日時】 平成29年9月23日(土・祝日) 10:30~15:00
【会場】 鹿児島純心女子短期大学 27号館学生ホール、セントメリー寮
【内容】 全体会、Quiz Show(純短英語科にまつわる英語クイズ)、
セントメリー寮での昼食(ピザ&デザート)
【人数】 先着60名(ランチ付)
※ 定員になり次第、申込受付を締め切らせていただきます。
【参加費】 1,000円(ご家族はランチ代としてお一人500円をいただきます。)
【申込方法】

下記の項目を明記の上、お一人さまずつメールでお申し込みください。
(但し、ご家族でお申し込みの場合は除きます。)

Econtact17@juntan.k-junshin.ac.jp(担当者:英語科 平国)

件名「英語科ホームカミングデイ参加希望」
◆氏名(旧姓も)
◆ご家族の氏名(幼児の場合は年齢とランチ必要/不要も)
◆卒業年度
◆連絡先(メールアドレスと電話番号)
※ 受け付け後、申込完了のメールをお送りします。
 「@juntan.k-junshin.ac.jp」からのメールを受け取れるよう設定をお願いします。
※ 土・日・祝日や本学の休業日等をはさむ場合、申込完了メールの送信が遅くなることも
 ありますのでご了承ください。

1 / 712345...最後 »