食物栄養専攻(1年次後期)の授業紹介「生理学」

2017.10.04

食物栄養専攻の1年生は、前期に教養科目や栄養士の基礎知識として、調理の基本や人間の体の構造、食材の特徴、基礎化学などを学びました。
後期は、さらに踏み込んで病態別の栄養学や献立作成から栄養価計算、栄養素の構成などを学んでいきます。

今回は、後期に入って2回目の「生理学」の授業を紹介します。

「生理学」の授業では、始めに先週の授業の復習として小テストがあります。
前回は細胞の構造や働きを学びました。

先週のおさらいの小テストです

 

今回の授業では、栄養分が細胞の中にどうやって入っていくのか、その仕組みを学びました。

どの成分が細胞の中に入ることができるのかを学んでいます

「体にいいから食べなさい」と言われきたことなど栄養や体に関わることを、授業を通して科学的な視点から学んでいきます。
どの授業も勉強が大変ですが、大切なことなので学生たちは必死に勉強しています。

ページトップへ
鹿児島純心女子短期大学 〒890-8525 鹿児島市唐湊4-22-1 TEL 099-253-2677 (C) Kagoshima Immaculate Heart College