平成29年度英語科海外研修 カナダからの報告

2018.02.28

私たち、英語科13名は平成30年2月10日(土)〜3月10日(土)の1ヶ月間、カナダのバンクーバーで海外研修を行っています。日本とバンクーバーは17時間の時差がありますが、季節はさほど変わらず、1週間目は好天気に恵まれました。

 

バンクーバーは国際色豊かで、ホストファミリーの方々も異なる母国語を持っています。理想と現実の差異にカルチャーショックを受ける人や、ホームシックになる人も中にはいますが、英語を通して新たな絆や交友関係が生まれ、自分の言葉で相手と意思疎通ができるという喜びを日々実感して生活しています。

 

研修中はランガラ・カレッジに通っています。クラスメートは日本人ですが、大学内では英語を使って生活するようにと言われています。授業内容はクラスによって異なりますが、グループでのディスカッションやプレゼンテーションなど、書く英語よりも自分の意見を筋道を立てて英語で話せるようになるためのカリキュラムが多いです。また、授業は午後3時に終わるため、放課後は友人とおしゃれなカフェやショッピングに出かけるなど、毎日内容の濃い日々を送っています。

 

この研修を通し、私たちは「外国人」という日本では経験することのできない立場で生活をしています。しかし、バンクーバーでは、母国語や出身国が違うという事はごく自然な事で、人々はお互いの文化を受け入れ、そして時には優しく助け合いながら生活しています。実際に現地で生活するからこそ気付く、目には見えない部分の文化の違いを日々実感しながら、残りの日々を過ごしていきたいと思っています。

ページトップへ
鹿児島純心女子短期大学 〒890-8525 鹿児島市唐湊4-22-1 TEL 099-253-2677 (C) Kagoshima Immaculate Heart College