英語科

TA(日本語教官助手)だより vol.1

  • キャンパスレポート
  • 2018.07.19

私がオーストラリアにきてから2ヶ月半が経ちました。最初は、これまで20年間英語圏の国に行ったことがなかったため、ついにオーストラリアへ来て、日本語教官助手という仕事ができるという喜びの気持ちと、初のホストファミリー、初の英語圏での生活への不安な気持ちが入り混じっていました。

しかし、私のホストファミリーはとても社交的でアクティブなので、到着した日からとても刺激的な毎日がスタートしました。彼らは、私のことを家族の一人として扱ってくれ、パースの素晴らしさを日々感じています。

 

学校生活では、7年生から12年生(中学1年から高校3年)までの生徒のクラスを受け持っています。学年によって生徒の学習意欲はさまざまで、生徒もいろいろな子がいます。やる気のある子、ない子。また、授業のノートすらとらない子もいて、私はそういった子たちがどのようにしたら授業に参加してくれるかを考えながら、まず生徒たちとの距離を近づけることから始めました。

生徒によっては難しい子もいますが、少しずつ授業外で積極的に私に質問をしにきたり、ただ私とおしゃべりをするためにオフィスに来る子などもいます。少しずつ生徒との距離も縮まり、日本語に対する学習意欲が変わってくる子がいるという事実に隠しきれないほどの喜びを感じます。日本とは違い、ストレートに思っていることをぶつけてくる子や、そもそも私のことを無視する子などもいて心が折れることも少なくありません。しかし、そういう子たちが「日本」に、また「日本語」に興味を持ってくれるように工夫することにやりがいを感じます。まだまだ未熟ではありますが、少しずつ成長していることも感じています。これからも頑張っていきたいと思います。

学校以外では、日本にいる時から取り組んでいたボランティア活動をこちらでもやっています。私のホストマザーがとてもボランティアに興味がある方で、私もこの2ヶ月で、行方不明の70代男性を見つけるお手伝いをしたり、記憶障害の奥様と離れ離れになった男性を再会させるために署名活動をしたりしました。今は、難病のため手術をしなければならないのに、貧しくてその手術を受けることができない女性の”Fighting for Rachel”というチャリティにボランティアとして参加しています。異国の地でさまざまな国籍の人たちとボランティアを共に行い貴重な経験をしています。

私は、オーストラリアに日本語教官助手としてきて良かったと心から感じています。もちろん楽しいことばかりではありません。辛いこともたくさんあります。しかし、何よりそれらを通して自分自身が日々成長していることも実感できます。これからも一日一日を大切にしていきたいです。

 

*N.B.さん(鹿児島純心女子高校出身)は今年3月に英語科を卒業し、現在、海外インターンシップで活躍しています。

英語科スピーチショウケースを開催しました

  • キャンパスレポート
  • 2018.07.12

平成30年7月5日(木)、英語科恒例となったスピーチショウケースが行われました。

今年は10名の学生が挑戦しました。参加者は企画から原稿作成、スピーチの仕方まで、ネイティブの先生より個人指導を受けてこの日に臨みます。話の内容は、自分の趣味や将来やりたいこと、留学体験、内面の葛藤など、さまざまです。どれも趣向を凝らしたすばらしいスピーチでした。感動するものあり、ユーモアあふれるものありで、充実したスピーチショウケースとなりました。

また、英語以外の外国語の発表も行われました。授業担当の先生方のご指導のもと、中国語のグループはさまざまな日常の場面を想定したスキットを、韓国語とフランス語のグループは選択者全員で一曲ずつ歌を披露しました。(1年K.H.・A.T.)

英語科ホームカミングデイ開催のお知らせ(申込方法)

  • インフォメーション
  • 2018.07.11

Welcome back to Junshin and St. Mary’s Hall

英語科卒業生の皆さまへ

『英語科ホームカミングデイ』とは英語科卒業生のための集いのことです。

毎年、多くの卒業生にお集まりいただき、ありがとうございます。
今年度も恩師や級友の方々と旧交を温めていただきたく、第6回英語科ホームカミングデイを開催いたします。

思い出のキャンパスで楽しいひとときを過ごしませんか。

【日時】 平成30年9月23日(日・祝日) 10:30〜15:00
【会場】 鹿児島純心女子短期大学 27号館学生ホール、セントメリー寮
【内容】 全体会、Quiz Show(純短英語科にまつわる英語クイズ)、
セントメリー寮での昼食(カレー&デザート)
【人数】 先着60名(ランチ付)
※ 定員になり次第、申込受付を締め切らせていただきます。
【参加費】 1,000円(ご家族はランチ代としてお一人500円をいただきます。)
【申込方法】 以下の項目をご入力の上、お一人さまずつメールでお申し込みください。
(但し、ご家族でお申し込みの場合は除きます。)

Econtact18@juntan.k-junshin.ac.jp(担当者:英語科 平国)

件名「英語科ホームカミングデイ参加希望」
◆氏名(旧姓も)
◆ご家族の氏名(幼児の場合は年齢とランチ必要/不要も)
◆卒業年度
◆連絡先(メールアドレスと電話番号)

※ 受付後、申込完了のメールをお送りします。
 「@juntan.k-junshin.ac.jp」からのメールを受け取れるよう設定をお願いします。
※ 土・日・祝日や本学の休業日等をはさむ場合、申込完了メールの送信が遅くなることも
ありますのでご了承ください。

英語科セントメリー寮で独立記念日を祝うイベントを開催しました

  • キャンパスレポート
  • 2018.07.04

平成30年6月26日(火)、27日(水)、29日(金)の3日間、英語科セントメリー寮で独立記念日を祝うイベントが行われました。これは、いくつかの国の独立記念日について学ぶイベントです。

学生たちはグループに分かれ、26日にはケニア、ジャマイカ、27日にはインド、アイルランドの独立記念日を紹介するプレゼンテーションを行いました。パワーポイントを使って発表したり、踊ったり、歌ったり、またペイントを顔に施したり、その国の衣装に似せたものを身につけてみたりなど、各グループそれぞれの国の雰囲気を味わわせてくれるような発表でした。とても手の込んだ発表は、見ていた学生たちの興味を引き付けて、笑顔にさせてくれました。

最終日の29日には英語科の先生方を招待し、ケニアの独立記念日を紹介するプレゼンテーションを行いました。先生方や学生同士でも英語での会話を楽しみながら、シェフをはじめキッチンスタッフの方々が腕をふるって作ってくださった料理を堪能しました。このイベントは終始笑顔が絶えることがなく、より英語科の団結力が深まったのではないかと感じます。

この独立記念日のイベントを通して、今まで知らなかったさまざまな国の独立についてだけでなく、その国の文化や慣習なども学ぶことができました。ほとんどが海外研修に参加する英語科の学生たちにとって、とてもためになったと思います。セントメリー寮だからこそあじわえる貴重な体験となりました。(1年M.T.)

 

「英語科卒業生による就職体験発表会」を開催しました

  • キャンパスレポート
  • 2018.05.23

平成30年5月19日(土)に、大講義室で「英語科卒業生による就職体験発表会」を開催しました。

全日本空輸株式会社(客室乗務員)、九州FG証券株式会社、京セラ株式会社、株式会社下堂園、公立中学校(英語科教諭)で活躍している卒業生が、勤務先、仕事内容を紹介するとともに、学生時代の就職活動についての体験を発表しました。

関心が高い企業で働いている先輩から直に話を聞くことができるとあって、2年生はもちろん1年生も熱心に耳を傾けていました。質疑応答も活発に行われ、在学生には大変有益な発表会となりました。

英語科1年生 外国人留学生を紹介します

  • キャンパスレポート
  • 2018.05.15

今年度、英語科に外国人留学生が入学しました。
インタビューを行いましたので、ご紹介します。

Q どちらのご出身ですか?

A ウクライナの出身です。首都のキエフで育ちました。ウクライナの大学と大学院で、5年と半年間日本語の勉強をしました。日本語翻訳や通訳を専門的に勉強しました。

 

Q 純心短大の英語科に入学しようと思った理由は何ですか?

A ウクライナでは英語はほとんど使われません。地元にある塾のようなところで3年間英語を勉強しましたが、もっと勉強したいと思いました。鹿児島で、短期間で英語を勉強できるところを探していたら、純心短大が見つかり入学を決めました。

 

Q 本学でどのようなことを勉強したいですか?

A 英語でのコミュニケーション力を高めるための勉強をしたいです。英語で言いたいことがうまく言えない時があるので、もっとスピーキング力をつけていきたいです。

 

Q 短大生活が始まって1ヶ月ほど経ちましたが、感想を聞かせてください。

A 英語の授業だけでなく、日本語に関する授業も受けていて、どれも専門的に学べている実感があり、自分の目標を達成するために大いに役立っています。ウクライナで勉強していた日本語は標準語でしたので、鹿児島弁との違いなどいろいろな発見があり、とても面白いと感じています。

 

Q 卒業後の進路について、どのような希望がありますか?

A できれば日本で働きたいと思っています。せっかく言語の勉強をしましたので、それを生かした仕事に就きたいと思っています。厳しいかもしれませんが、日本の航空関係の仕事も視野に入れています。

 

Q 鹿児島の印象はどうですか?

A 鹿児島には初めてきました。キエフも山がたくさんあり自然がいっぱいなので、鹿児島と似ていると思います。ただ、桜島のような火山はないので、間近でみて少しびっくりしました。キエフには日本のレストランがたくさんあるので、日本食には馴染みがありますが、鹿児島の特産品はまだあまり知らないので、これからが楽しみです。

 

ウクライナからの留学生L. P.さん

英語科1年生「English Outing」

  • インフォメーション
  • 2018.04.23

平成30年4月21日(土)、英語科1年生を対象に行う遠足「English Outing」に行ってきました。外国人5名の先生方も一緒で、丸一日英語を使いながら過ごしました。

午前中は吹上浜海浜公園でグループに分かれ、サイクリング、ローラースケート、ビーチまでの散歩を楽しみました。

 

午後からは南薩少年自然の家に移動し、まずは美味しい昼食。英語での会話も弾みました。お腹もいっぱいになったところで、いよいよチームゲームの始まりです。ヒューマンノット(人間知恵の輪)というゲームやジェスチャーゲーム、粘土ゲーム、恒例のリレー大会も行い、笑いが絶えず大盛り上がりでした。

 

1位から4位まで順位がついたところで、最後に表彰式を行いました。どのチームも袋いっぱいの賞品を手にして、とても嬉しそうでした。

 

英語科の1年生は原則全寮制です。入寮して間もない頃はみなさん不安だと思います。学生同士だけでなく、学生と教員同士も親睦を深められるように、英語科ではこのようなイベントを積極的に行っています。

平成29年度英語科海外研修 カナダからの報告

  • キャンパスレポート
  • 2018.02.28

私たち、英語科13名は平成30年2月10日(土)〜3月10日(土)の1ヶ月間、カナダのバンクーバーで海外研修を行っています。日本とバンクーバーは17時間の時差がありますが、季節はさほど変わらず、1週間目は好天気に恵まれました。

 

バンクーバーは国際色豊かで、ホストファミリーの方々も異なる母国語を持っています。理想と現実の差異にカルチャーショックを受ける人や、ホームシックになる人も中にはいますが、英語を通して新たな絆や交友関係が生まれ、自分の言葉で相手と意思疎通ができるという喜びを日々実感して生活しています。

 

研修中はランガラ・カレッジに通っています。クラスメートは日本人ですが、大学内では英語を使って生活するようにと言われています。授業内容はクラスによって異なりますが、グループでのディスカッションやプレゼンテーションなど、書く英語よりも自分の意見を筋道を立てて英語で話せるようになるためのカリキュラムが多いです。また、授業は午後3時に終わるため、放課後は友人とおしゃれなカフェやショッピングに出かけるなど、毎日内容の濃い日々を送っています。

 

この研修を通し、私たちは「外国人」という日本では経験することのできない立場で生活をしています。しかし、バンクーバーでは、母国語や出身国が違うという事はごく自然な事で、人々はお互いの文化を受け入れ、そして時には優しく助け合いながら生活しています。実際に現地で生活するからこそ気付く、目には見えない部分の文化の違いを日々実感しながら、残りの日々を過ごしていきたいと思っています。

英語科の学生が明治維新150周年記念イベントに参加しました

  • キャンパスレポート
  • 2018.02.21

平成30年2月17日(土)、18日(日)に、英語科の学生が、明治維新150周年記念イベント『巨大西郷どんを創ろう!』でボランティア活動を行いました。
燦燦舎さん製作の西郷どん紙芝居を英訳し、朗読しました。2年生のN.B.さんは『英語絵本の読み聞かせ』の授業で学んだことを生かしながら、感情豊かにお話を伝えることができ、楽しかったと言っていました。会場の方々からも「良かったですよ。」とあたたかいお言葉をいただきました。大学祭の英語ミュージカルで表現力を培っていたのも功を奏したようでした。

 

このほかにも、海外の方々への案内やご当地キャラクターのアテンド等の仕事も行いました。

 

このイベントのメインアトラクションは巨大西郷像でしたが、その製作の場として、社団法人チェスト連合の方々に本学の体育館を使っていただきました。英語科の学生たちは、限られた時間ではありましたが、裁断や縫製のお手伝いをすることができました。

 

学生たちは、地域活性化に取り組む多くの方々と接することで、鹿児島の歴史・文化に親しみ、コミュニケーション力を磨いています。このような経験がグローバル社会で多様な人々と関わっていくための基礎力になります。英語科では、今後もボランティア活動等の体験による学びをますます奨励していきます。

平成29年度英語科海外研修 オーストラリアからの報告

  • キャンパスレポート
  • 2018.02.21

平成30年2月9日(金)から3月11日(日)までの約1ヶ月間、英語科1年生の14名が、オーストラリアのニューサウスウェルズ州にあるニューカッスルにて、海外研修を行っています。

日本では雪が積もっている季節になりますが、こちらでは季節が真逆で夏を体験しています。広大なオーストラリアの時間は、国内で複数の時間帯に分かれており、また、州によってはサマータイムを実施しているところと実施していないところがあります。サマータイム(英語では ” Daylight Savlng ” と呼ばれています)とは、日の出時刻が早まる夏期に時計の針を1時間進めることによって、生活活動時間における太陽光のある時間の割合を増やし、電力節約などを図る制度のことをいいます。オーストラリアでは、10月の第1日曜から翌年4月の第1日曜まで実施されます。現在、日本との時差は2時間となっています。

 

学生たちは現地の大学に通いながら、それぞれホームステイをしています。日本だけでなく、世界中からも注目されているオーストラリアには、近いところでは中国や韓国、また、遠いところではサウジアラビアやスペインなど、私たち日本人のように母国語を持っている人も一緒に住んでいる家庭もあります。ホームステイをすることによって、最初は遠慮がちで戸惑うこともありましたが、本当の家族のようにあたたかく迎えてくださり、大学で出される課題も英語をよく知らない私たちにつきっきりでとても分かりやすく教えてくださいます。オーストラリアの歴史、伝統的な食べ物から言語まで新しいことを発見できる毎日です。

 

ニューカッスル大学にはバスで通学しています。少人数のクラスとなっているので、間違えていたら恥ずかしいなと思っていた私でも、今では失敗を恐れず逆に当てて欲しい!という勢いで楽しく授業を受けています。さまざまな国の人たちと一緒に学ぶことができるので、日本について紹介でき、また、ほかの国のことをもっと知ることができる良い機会だと思います。「英語」を通して会話をするということは万国共通なので、自分が思っていること、伝えたいことを英語で伝えられた時はなによりも嬉しいです。ゲームやスポーツ大会などのオリエンテーションにより、本当にたくさんの友達を作ることができました。午後3時には学校が終わるので放課後にショッピングをしたり、ビーチで泳いだりとここでしかできないことが経験できます。

 

週末にはシドニーを訪れる機会があり、有名な観光地でもあるオペラハウスやオーストラリアの先住民でもあるアボリジニ族の方の演奏を聴いたり、たくさんの経験をすることができました。学校で学んだ食事を注文する時の英語表現や道に迷った際の表現を上手に使うことができ、本当に楽しい思い出ばかりです。自然をとても大切にするオーストラリアの景色は、例えることができないくらい綺麗で、写真を撮ることが大好きな私にとってまさに最高の場所です。

 

英語を使い自分がこれまでに学んできたこと、そして、今 学んでいることを合わせて活躍できる場です。思っていることを行動に移すことにより、自分の成長を自分で実感できるので、これからもチャレンジし続けようと思います。

1 / 912345...最後 »