こども学専攻「子育て支援ボランティア」活動報告

2018.05.26

平成30年5月5日(土)~5月11日(金)の児童福祉週間に合わせて、すこやか子育て交流館(りぼんかん)で開催された「りぼんかんフェスティバル」にこども学専攻の学生がボランティアとして参加しました。

5月5日の「新聞紙かぶとを作ろう!」には午前中に1年生6名、午後に2年生3名が参加し、5月6日の「りぼんかんの先生と遊ぼう!」には2年生3名が参加し、ゆびあそび・手あそび・パネルシアターなどの実演を行いました。

 

「りぼんかんの先生と遊ぼう!」では、スケッチブックシアターなどで子どもたちにお話をしました。

「りぼんかんの先生と遊ぼう!」

 

「新聞紙かぶとを作ろう!」では、子ども1人に学生2人がついて、一緒にかぶとを作りました。

「新聞紙かぶとを作ろう!」

参加した学生の感想をご紹介します。
・長子が弟や妹の面倒をみようとしている様子がみられ、教えるという経験を重ねることで自信をつけていくのだなと感じました。子どもたちの補佐をどこまで行うかの判断が難しかったですが、作品が完成した時に子どもたちの喜ぶ姿を見ることができて嬉しかったです。(2年T.A.)