トピックス

第2回「純心こども講座」を開催しました

  • こども学専攻
  • 2018.06.20

平成30年6月16日(土)に、第2回「純心こども講座」を開催しました。
「純心こども講座」は同日に「いろとあそぼう・かたちとあそぼう」と「リズムあそび」の2つの講座を行いますが、今回は「いろとあそぼう・かたちとあそぼう」を紹介します。

6月16日(土)の「いろとあそぼう・かたちとあそぼう」は、「すてきな冒険はじまるよ~」をテーマに、段ボールを使って、乗り物を作り上げていく造形活動を行いました。
子どもたちは、車やバス、電車など各々が思い描く乗り物を段ボールに描いたり、丸や三角、四角に切り取られた段ボールや色画用紙を貼っていきました。
乗り物を作った後は、みんなで「線路はつづくよどこまでも」の曲に合わせて、線路に見立てた教室や廊下の中を乗り物の中に入って移動しながら遊びました。

今回の講座で統括を担当した学生の声を紹介します。
・今回、講座係になり指示を出したりまとめることが難しかったです。本番ではクラス全員で講座を盛り上げることができました。また、製作活動だけでなく、作ったもので遊ぶ活動を取り入れることで、子どもたちの喜ぶ姿が見られ嬉しかったです。次が最後の講座になるため、今までのことを生かし成功させたいです。(1年K.M.)
・今回2回目のこども講座を通して、1回目の反省をふまえて臨むことができました。準備ではお互いの係で情報を共有し、企画から運営まで学生中心となって進めました。多くの意見が出る中で、まとめることは難しく実際に準備も思うようにいかなかったのですが、当日は子どもたちの楽しそうな顔を見ることができて達成感がありました。次回は、今までで一番楽しんでもらえる講座にできるよう、みんなで頑張りたいです。(1年S.Y.)

講座の始まりは手遊びから

乗り物を作成中

段ボールの中に入って描く子どもたち

造形活動の全体の様子

作成した乗り物に乗って、楽しそうに遊んでいます

次回は「リズムあそび」を紹介します。

「第36回南日本女流美術展」で8名が入選しました

  • キャンパスレポート
  • 2018.06.19

平成30年6月9日(土)〜17日(日)に鹿児島県歴史資料センター黎明館で開催された「第36回南日本女流美術展」で、生活クリエイトコースの2年生8名の陶芸・七宝・染色の作品が入選しました。
足をお運びくださった皆さま、どうもありがとうございました。

・「工芸美術-陶芸立体」『宇宙の神秘(うちゅうのしんぴ)』(2年N.U.)
・「工芸美術-陶芸立体」『生けるもの(いけるもの)』(2年M.S.)
・「工芸美術-陶芸立体」『彩の未来(いろどりのみらい)』(2年N.Y.)
・「工芸美術-七宝パネル」『宙のシンフォニー(あおぞらのしんふぉにー)」(2年H.I.)
・「工芸美術-七宝パネル」『星降る(ほしふる)』(2年N.T.)
・「工芸美術-染色パネル」『Flower Face(ふらわーふぇいす)』(2年S.O.)
・「工芸美術-染色パネル」『百日紅(さるすべり)』(2年M.N.)
・「工芸美術-染色パネル」『夜茸(よたけ)』(2年M.M.)

『宇宙の神秘(うちゅうのしんぴ)』(2年N.U.)

『生けるもの(いけるもの)』(2年M.S.)

『彩の未来(いろどりのみらい)』(2年N.Y.)

『宙のシンフォニー(あおぞらのしんふぉにー)」(2年H.I.)

『星降る(ほしふる)』(2年N.T.)

『Flower Face(ふらわーふぇいす)』(2年S.O.)

『百日紅(さるすべり)』(2年M.N.)

『夜茸(よたけ)』(2年M.M.)

 

平成30年7月15日(日)「第1回オープンキャンパス」を開催します!

  • インフォメーション
  • 2018.06.04

Welcome to Kagoshima Immaculate Heart College

160327

平成30年7月15日(日)「第1回オープンキャンパス」を開催します。

「純短ってどんな短大なんだろう?」
「短大の授業ってどんな様子なんだろう?」

と思っている高校生の皆さん、この機会にぜひ純短のキャンパスライフを体験してみませんか。

お友達と一緒に気軽にご参加ください。保護者の方のご参加も大歓迎です。

なお、当日は無料送迎バスを運行します。
ぜひご利用ください。

 

詳しくはこちらをご覧ください>>>

鹿児島県知事に「大島紬クールビズシャツ」を贈呈しました

  • インフォメーション
  • 2018.06.01

平成30年5月31日(木)、鹿児島県庁知事室において、大島紬をデザインしたクールビズシャツを三反園知事と小林副知事に贈呈しました。

このシャツは本場大島紬織物協同組合と本学との産学連携協定のもとで、西之園教授のグループが大島紬の活性化並びに普及に繋げることを目的に平成28年度から30年度の計画で、研究・開発そして商品化に向けて取り組んだものです。
西郷柄の大島紬のデザインを知事も気に入られたようで、オール鹿児島で大島紬のPRに取り組もうとエールを送っていただきました。
今後の商品化に向けた道筋に弾みがつきました。

鹿児島県知事と平山学長

とても気に入ってくださいました

知事に贈呈させていただいた大島紬クールビズシャツ

副知事に贈呈させていただいた大島紬クールビズシャツ

大島紬クールビズシャツ

こども学専攻「子育て支援ボランティア」活動報告

  • こども学専攻
  • 2018.05.26

平成30年5月5日(土)~5月11日(金)の児童福祉週間に合わせて、すこやか子育て交流館(りぼんかん)で開催された「りぼんかんフェスティバル」にこども学専攻の学生がボランティアとして参加しました。

5月5日の「新聞紙かぶとを作ろう!」には午前中に1年生6名、午後に2年生3名が参加し、5月6日の「りぼんかんの先生と遊ぼう!」には2年生3名が参加し、ゆびあそび・手あそび・パネルシアターなどの実演を行いました。

 

「りぼんかんの先生と遊ぼう!」では、スケッチブックシアターなどで子どもたちにお話をしました。

「りぼんかんの先生と遊ぼう!」

 

「新聞紙かぶとを作ろう!」では、子ども1人に学生2人がついて、一緒にかぶとを作りました。

「新聞紙かぶとを作ろう!」

参加した学生の感想をご紹介します。
・長子が弟や妹の面倒をみようとしている様子がみられ、教えるという経験を重ねることで自信をつけていくのだなと感じました。子どもたちの補佐をどこまで行うかの判断が難しかったですが、作品が完成した時に子どもたちの喜ぶ姿を見ることができて嬉しかったです。(2年T.A.)

地域貢献活動2018 現代ビジネスコース活動報告[除草作業]

  • インフォメーション
  • 2018.05.24

本学は鹿児島県肝属郡錦江町と平成26年に包括連携協定を結び、地域貢献活動を行っています。
地域貢献プロデュースでは、錦江町の地域おこしをお手伝いするとともに、活動を通して学生自身が成長することを目指しています。

「純心水田除草作業」

平成30年5月19日(土)、大隅半島の肝属郡錦江町にある「純心水田」の除草作業に現代ビジネスコース1年生8名と2年生32名の総勢40名が参加しました。

錦江町の方から「田車押しは、無農薬の稲を元気に育てるためにとても大切」と説明を受け、稲の根が丈夫になるようにと願いを込めて作業を行いました。
稲と見分けのつきにくいヒエをなかなか探すことができず、泥に足をとられ苦戦する学生も多いなか、中には田車を上手に操作するツワモノも…。

除草作業を終えた後は、花瀬川に架けられた「夢のぼり」を見ることに。風になびく色とりどりのTシャツを眺めていると、だんだんと将来への希望で胸がいっぱいになりました。

昼食は神川大滝公園内にある大滝茶屋のそうめん流しで、そうめんやから揚げのほか、お店からサービスのカボチャのケーキまで美味しくいただきました。
公園内には豪快にしぶきを上げる幅30メートル、高さ25メートルの神川大滝と小滝があり、真近で見る滝の迫力に驚きました。
最後にみんなで「虹のつり橋大滝橋」を目指し、小滝横の階段から遊歩道を抜けると、全長130メートルの赤く塗られた吊り橋から眼下に神川大滝を見下ろすことができました。

今回も錦江町の方々の優しさと、錦江町の絶景に触れることができました。
今年は気温が高く稲の生育も順調とのことで、8月の稲刈りが楽しみです。(2年F.N.)

デザイン表現コース「コンピュータ必携化」

  • キャンパスレポート
  • 2018.05.24

「つくる。つたえる。わかちあう。未来を豊かにデザイン」

平成30年4月から「つくる。つたえる。わかちあう。未来を豊かにデザイン」をコンセプトとしたデザイン表現コースがスタートしました。

デザイン表現コースの学生は、コンピュータ必携化となります。
これにより、学生生活2年間の成果を短大で学んだ環境ごと持って卒業することができます。

現在、必携化された自分のコンピュータを使い「グラフィックデザイン」の授業で、イラストレーターについて勉強をしています。
まだまだ不慣れな学生たちですがクラスの友人と質問し合いながら、少しずつ使いこなしているようです。

こども学専攻「純心こども講座」を開催しました!

  • こども学専攻
  • 2018.05.16

「リズムあそび」・「いろとあそぼう・かたちとあそぼう」

平成30年5月12日(土)、第1回「純心こども講座」を開催しました。

「純心こども講座」には、全身を使った遊びや体育館全体を使った大きな遊びが楽しめる「リズムあそび」と、大きな紙に絵の具を使って手形をつけたり、家ではなかなかできないダイナミックな造形活動が楽しめる「いろとあそぼう・かたちとあそぼう」の二つの講座があります。こども学専攻の1年生が、それぞれの講座の内容を講師の先生方と相談しながら考え、当日のタイムスケジュールを立てていきます。「純心こども講座」での実習で、体験的に学びながら子ども観をより確かなものにしていきます。

今回は学生にとって初めての講座という事で、準備の段階では期待と不安が入り混じっている様子が見受けられましたが、講座当日は「リズムあそび」は吉留先生、「いろとあそぼう・かたちとあそぼう」は桝本先生のご指導もあり、子ども達と実際に関わり一緒に活動することを笑顔で楽しんでいる様子が伺えました。参加している子どもたちも広い体育館を前にして、「バスにのって」や「かえるの体操」の曲に合わせて思いきり体を動かしたり、学生が準備した画用紙をつなぎ合わせた紙に絵を描いたりと、普段あまりできないような活動をとても楽しんでいる様子でした。

講座準備の様子

講座準備の様子

「リズムあそび」の様子

「いろとあそぼう・かたちとあそぼう」の様子

子どもの集中力もすごいです

手足を真っ黒にして楽しんでいました

学生が制作した名札です!毎回デザインが変わります

次回講座の企画・運営は学生主体で行います。どのような講座になるか楽しみです。

平成30年4月28日(土)「平成30年度体育祭」を行いました

  • インフォメーション
  • 2018.05.11

平成30年4月28日(土)「平成30年度体育祭」を行いました。

各種のスポーツ競技を通してクラス、また、学科・専攻・コースの親睦を深め、心身を鍛え、大学生活を有意義に過ごす基盤を作るため、本学では体育祭を毎年4月に開催しています。
今年度はバレーボール、ながなわピョン、応援合戦、バスケットボール、まわってポン、クラス対抗リレーが行われました。

1年生は出会ったばかりの友達、また、先輩・後輩と一緒に汗を流し絆が深まりました。
学科・専攻・コースごとにおそろいのTシャツを着用し、練習の成果が発揮された体育祭は、今年度も大いに盛り上がりました。

バレーボール

ながなわピョン

バスケットボール

応援合戦(現代ビジネスコース)

応援合戦(生活クリエイトコース・デザイン表現コース)

応援合戦(こども学専攻)

応援合戦(食物栄養専攻)

応援合戦(英語科)

純短名物!まわってポン

クラス対抗リレー

表彰式

今年の総合優勝は英語科でした!

学生会役員の皆さんお疲れさまでした

地域貢献活動2018 現代ビジネスコース活動報告[田植え]

  • インフォメーション
  • 2018.04.26

本学は鹿児島県肝属郡錦江町と平成26年に包括連携協定を結び、地域貢献活動を行っています。
地域貢献プロデュースでは、錦江町の地域おこしをお手伝いするとともに、活動を通して学生自身が成長することを目指しています。

「純心水田プロジェクト始動」

平成30年4月14日(土)に、大隅半島錦江町田代で田植え活動を行いました。
雨の中の田植え作業も、錦江町の方々と協力しつつ、楽しく活動できました。

収穫した稲は、米粉に加工され、錦江町とのコラボ商品や、純短祭で販売するパウンドケーキの材料になります。

昼食は、でんしろう館で町内にある評判のカレー屋さんのケータリングでした。温かく美味しいカレーにおかわり希望者も!

昼食の後は、Tシャツに夢や目標を書く「夢のぼり」づくり。想いを込めながら一人一人書きました。
5月の除草作業では、花瀬川に架けられた「夢のぼり」が楽しみです。(2年K.A.)

1 / 2112345...1020...最後 »