卒業生の方

平成30年9月16日(日)「文化講演会」を開催します

  • トピックス
  • 2018.08.16

江角学びの交流センター主催「文化講演会」を開催します。

テーマ「きばいやんせ鹿児島(かごんま)んおごじょ~かごしまの魅力と元気を発信するするつどい~」

日 時 平成30年9月16日(日) 12:00~16:00
会 場 かごしま県民交流センター(大ホール・中ホール・展示ロビー)
共 催 かごしま県民大学中央センター(かごしま県民大学連携講座)
後 援 南日本新聞社、鹿児島県、鹿児島市

◎入場無料 託児あり

詳しくはこちら >>> 文化講演会

【文化講演会】

1 基調講演 13:15~13:45
 日髙照子氏
 (鹿児島県県民生活局青少年男女共同参画課男女共同参画室室長)
 演題「女性の活躍が未来を拓く~鹿児島の現状と取組について~」

2 パネリストによる事例報告 13:45~14:25

<休憩15分>

3 パネルディスカッション(70分)14:40~15:50
 テーマ「きばいやんせ鹿児島(かごんま)んおごじょ」
(パネリスト)
 小林洋子氏(鹿児島県副知事)
 山元紀子氏(バレルバレー プラハ&GEN社長)
 猪鹿倉房子氏(錦江町うんめもんの会代表)
 安川あかね氏(城山観光株式会社営業企画部)
(司会)大山典子(本学教授・江角学びの交流センター所員)

【展示・物販・催し物】かごしまの魅力と元気を発信するつどい

(参加団体:敬称略)
○鹿児島県男女共同参画センター
○鹿児島市男女共同参画センター
○錦江町役場
○チェスト連合
○本場大島紬織物協同組合・大島紬でデザインしたクールビズ試作品展示
○松栄軒
○郷土の本の出版社・書店:南方新社、つばめ文庫、濱島印刷
○薩摩志史(薩摩ボタン)
○かごしま近代化産業遺産パートナーシップ会議 若手会
○鹿児島県PR・観光戦略部 世界文化遺産課
○仙巌園
○鹿児島県PR・観光戦略部 かごしまの新特産品コンクール実行委員会
○公益社団法人 鹿児島県特産品協会
○鹿児島ユナイテッドFC(プロサッカー)
○鹿児島レブナイズ(プロバスケットボール)
○NPO法人 桜島ミュージアム
○薩摩焼窯元紫陶
○工房煉(れん):陶芸(桜島火山灰の利用)

 

◎託児をご希望される方のみ申込が必要になります。

文化講演会に参加される保護者のための託児です。
申込期間:8月末日までにお申し込みください。
申込方法:本学公式ホームページにあるお申込フォーム、FAX、E-Mailでお申し込みください。追って確認の連絡を差し上げます。
【お申込み必要事項】
保護者の氏名・住所・携帯番号
お子様の氏名・年齢

英語科ホームカミングデイ開催のお知らせ(申込方法)

  • インフォメーション
  • 2018.07.11

Welcome back to Junshin and St. Mary’s Hall

英語科卒業生の皆さまへ

『英語科ホームカミングデイ』とは英語科卒業生のための集いのことです。

毎年、多くの卒業生にお集まりいただき、ありがとうございます。
今年度も恩師や級友の方々と旧交を温めていただきたく、第6回英語科ホームカミングデイを開催いたします。

思い出のキャンパスで楽しいひとときを過ごしませんか。

【日時】 平成30年9月23日(日・祝日) 10:30〜15:00
【会場】 鹿児島純心女子短期大学 27号館学生ホール、セントメリー寮
【内容】 全体会、Quiz Show(純短英語科にまつわる英語クイズ)、
セントメリー寮での昼食(カレー&デザート)
【人数】 先着60名(ランチ付)
※ 定員になり次第、申込受付を締め切らせていただきます。
【参加費】 1,000円(ご家族はランチ代としてお一人500円をいただきます。)
【申込方法】 以下の項目をご入力の上、お一人さまずつメールでお申し込みください。
(但し、ご家族でお申し込みの場合は除きます。)

Econtact18@juntan.k-junshin.ac.jp(担当者:英語科 平国)

件名「英語科ホームカミングデイ参加希望」
◆氏名(旧姓も)
◆ご家族の氏名(幼児の場合は年齢とランチ必要/不要も)
◆卒業年度
◆連絡先(メールアドレスと電話番号)

※ 受付後、申込完了のメールをお送りします。
 「@juntan.k-junshin.ac.jp」からのメールを受け取れるよう設定をお願いします。
※ 土・日・祝日や本学の休業日等をはさむ場合、申込完了メールの送信が遅くなることも
ありますのでご了承ください。

幼稚園教諭免許状取得特例講座(平成30年「夏季」集中講座)の受講生を募集します

  • インフォメーション
  • 2018.05.09

受講希望者は、期限内に受講申込書をお送りください。
また、特例措置科目「生徒指導、教育相談及び進路指導等に関する科目『幼児理解の理論及び方法』」として「教育相談」を開講します。「教育相談」は、平成30年9月18日(火)~平成31年2月2日(土)の間、原則として週1回の授業を15週にわたって開講します。受講希望者は、科目等履修生としてお申込みください。

募集要項等はこちらをご覧ください。

平成30年度、履修証明プログラムを開設しました

  • 公開講座
  • 2018.03.13

【履修証明プログラムとは】

社会人を対象とし、多様なニーズに応じた様々な分野の体系的な知識・技術等の修得を目指す学習プログラム(履修証明プログラム)を開設し、その修了者に対して法に基づく「履修証明書」を交付します(学校教育法第105条等)。内容は本学の教育・研究資源を生かし一定の教育計画の下に編成された教育プログラムです。実際には本学の正規授業科目を学生とともに受講します(120時間以上、4~5科目)。これは社会人の学習機会を提供し、その修得をとおして職業キャリアの形成に生かされることを期待するものです。

○対象者:社会人(18歳以上の女性に限る)

○期間:目的・内容に応じ、総時間数120時間以上で設定

○証明書:プログラムの修了者には、学校教育法105条の規定に基づくプログラムであること及びその名称等を示した履修証明書を交付

【プログラム名】平成30年度(前期・後期)、4つのプログラムを開設します。

1「現代社会の情報リテラシー」→詳しくはこちら

2「乳児の特性を踏まえた保育者のスキルアップ」→詳しくはこちら

3「栄養士のための学び直し」→詳しくはこちら

4「日本語教育」→詳しくはこちら

【受講料】1単位:10,000円

【問い合わせ・申込先】

  鹿児島純心女子短期大学 江角学びの交流センター 電話: 099-253-2677(代)

  E-Mail: opencollege@juntan.k-junshin.ac.jp

・ 平成30年度前期は4月9日(月)より開講します。

・ 前期開講科目から受講するプログラムについては、3月23日(金)までにお申し出ください。

・ 後期開講科目から受講するプログラムについては、8月31日(金)までにお申し出ください。

食物栄養専攻開設50周年記念ホームカミングデー vol.2

  • キャンパスレポート
  • 2018.03.07

平成30年2月17日(土)に食物栄養専攻の開設50周年記念ホームカミングデーを開催しました。

記念式典の後は休憩を挟んで、卒業生の代表によるパネルディスカッションです。
さまざまな回生の卒業生5名にパネリストとしてご参加いただきました。テーマは『学生時代の思い出、社会や家庭で生きる純短食栄での学び 〜栄養士養成50年 食で地域と人生を豊かに〜』です。司会は福元ゆみさん(フレンズFM・パーソナリティ、本学卒業生)でした。
パネリストの方から現在のご職業などをご紹介いただいた後、卒業後のこれまでの歩み、今も役に立っている純心の学び、心に残っている思い出などを語っていただきました。最後に若原先生からご感想をいただきました。食物栄養専攻在学生(2年生)代表がお礼の言葉を述べ、全員で礼をして感謝の気持ちを表しました。
社会のさまざまな場で活躍しておられる卒業生の皆さまの姿はとても輝いていました。
皆さま方のますますのご活躍をお祈りいたします。

休憩中に若原先生にご挨拶に行かれた卒業生の方もいました

パネルディスカッションの様子

第16回生の山元様

第20回生の向井様

第32回生の脇様

第39回生の杉水流様

第51回生の土元様

若原先生のご感想

食物栄養専攻開設50周年記念ホームカミングデー vol.1

  • キャンパスレポート
  • 2018.03.06

平成30年2月17日(土)に食物栄養専攻の開設50周年記念ホームカミングデーを開催しました。

開催に際して、多くの皆さまから賛助金や当日のお手伝いなど、さまざまな形でご支援いただきました。感謝申し上げます。

ホームカミングデーは記念式典に始まり、卒業生の代表によるパネルディスカッション、午後からは昼食懇親会が行われました。
ご参加いただきました先生方・卒業生の皆さまは学生時代の思い出話に花が咲き、たいへん盛況のうちに終えることができました。

学長挨拶

来賓代表、前副学長岩崎先生の祝辞

三島盛武先生のご講話

「食物栄養専攻開設50周年記念ホームカミングデー」を開催しました

  • インフォメーション
  • 2018.02.20

食物栄養専攻開設50周年記念ホームカミングデーが、平成30年2月17日(土)に行われました。
ご来賓の先生、パネリストの先生、そして卒業生200名以上の方々にご臨席いただきました。お陰様で滞りなく行事を実施することができました。
多くの皆さまにご理解とご協力を賜りました。心より御礼申し上げます。     食物栄養専攻

 

「食物栄養専攻 開設50周年記念ホームカミングデー」開催のお知らせ

  • インフォメーション
  • 2018.01.22

母校で恩師や友人と集う、お祝いの会を開きます。皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
申し込み受付中です。

【日 時】 平成30年2月17日(土) 10時~14時
【会 場】 鹿児島純心女子短期大学(大講義室、学生ホール、新1号館)
【内 容】 1 記念式典 10時~
   来賓祝辞、50周年の歩みスライドショーなど

 

2 卒業生によるパネルディスカッション 10時45分〜
   学生時代の思い出、社会や家庭で生きる純短食栄の学び
   ~ 栄養士養成50年 食で地域と人生を豊かに ~
  パネリスト
   山元 紀子 様 16回生 バレルバレー プラハ&GEN
   向井 康子 様 20回生 済生会鹿児島地域福祉センター
   脇  祥子 様 32回生 天保山内科 管理栄養士
   杉水流直子 様 39回生 Table of smile フードコーディネーター
   土元 麻未 様 51回生 さつま町立薩摩中学校 栄養教諭
  司会
   福元 ゆみ 様 生活学科 生活学専攻 人間文化コース卒業生
               鹿児島シティエフエム・パーソナリティー

3 昼食懇親会、学内・新校舎の案内 12時30分~14時(予定)

【参加費】 3,000円(昼食、記念品代込み)
※ お振込いただいた参加費は返金できませんので予めご了承ください。
【申込方法】 メール、電話、ファックスでお申込みいただき、以下の内容をお知らせください。

 

 1 氏名(旧姓)
 2 卒業年度
 3 電話番号
 4 住所
 5 お子さまをお連れの場合は、ご年齢とお弁当の有無

メールでのお申込みはこちら>>> Scontact17@juntan.k-junshin.ac.jp
※メールの場合は件名を「50周年参加希望」としてください。
また、確認メールを返信しますので、「@juntan.k-junshin.ac.jp」からの
メールが受信できるように設定してください。

【申込締切】 平成30年1月27日(土)

ご出席予定の先生
 稲井道子先生 若原延子先生 徳田和子先生
 岩崎泰介先生 瀬戸口 賀子先生 三島盛武先生 ほか
 他にも多くの先生がご出席される予定です。

賛助金のお願い
賛助金のご協力(一口500円)をお申し受けいたします。当日ご欠席の方も、ぜひご支援をお待ちしています。皆さまからのご助力が、行事の成功、そして食物栄養専攻のこれからの歩みにつながります。
どうか、よろしくお願い申し上げます。

詳しくはこちら>>> 食物栄養専攻 開設50周年記念ホームカミングデー(表)

詳しくはこちら>>> 食物栄養専攻 開設50周年記念ホームカミングデー(裏)

【お問い合わせ先】
鹿児島純心女子短期大学 食物栄養専攻(担当:進藤・下川)
TEL 099(253)2677 FAX 099(254)5247
Mail: Scontact17@juntan.k-junshin.ac.jp

茶道部による「卒業記念謝恩茶会」を開催します

  • インフォメーション
  • 2018.01.04

成人になる喜びと卒業を迎える喜びを重ね、皆さまへの感謝の気持ちを込めて、茶道部による「卒業記念謝恩茶会」を開催します。
まだまだ未熟で、至らないことばかりとは存じますが、心を込めて一服差し上げたいと思っております。
6回、席がございますので、ぜひ足をお運びください。
美味しいお茶とお菓子をご用意して、皆さまのご来場をお待ちしております。ぜひお越しくださいませ。

日付 平成30年1月8日(月・祝日) ※入場無料
時間 10:30~15:00
 第1席目 10:30~   第2席目 11:15~
 第3席目 12:00~   第4席目 12:45~
 第5席目 13:30~   第6席目 14:15~
 ※お席の始まる15分前にはお越しください。
場所 山形屋1号館7階(社交室)

 

(写真は昨年の卒業謝恩茶会の様子です。)

ドミニカ国チャリティ募金へのご協力ありがとうございました

  • インフォメーション
  • 2017.12.27

平成29年9月にドミニカ国に最大強度のハリケーン(マリア)が上陸し、一晩で国がほぼ壊滅状態になりました。青年海外協力隊として活動していた本学卒業生の力丸育未さんも被災され、一時帰国後、ドミニカ国復興支援プロジェクトを立ち上げました。

現代ビジネスコースの卒業生である力丸さんのプロジェクトに協力したいと、私たちも純短祭や鹿児島純心女子中・高校の純心バザーで「チャリティはがき1枚150円+お気持ち」という形ではがき販売と募金活動を行いました。
また、中学・高校・短大の購買部にはがきと募金箱の設置をお願いし、多くの皆さまにご協力いただくことができました。

この活動を通して人の温かさを改めて感じることができ、また誰かのために一生懸命頑張ることの大切さも学ぶことができました。私にとって、とても貴重な経験になりました。
今後も少しでも人のために行動できる人になれるよう、自分にできることを精一杯頑張りたいです。

皆さまのお気持ちは、12月19日(火)に力丸さんににお渡しすることができました。
○ チャリティ募金
 *チャリティはがき販売売上金・・・4万5,225円
 *寄付金・・・8,546円
    合計 5万3,371円

ドミニカ国チャリティ募金にご協力してくださった皆さま、本当にありがとうございました。(2年T.H.)

皆さまのお気持ちをお渡しさせていただきました

1 / 812345...最後 »