平成29年度「キャリアフォーラム」を開催しました

2017.07.22

平成29年6月17日(土)、地域社会および企業との連携を深めるため「地域社会の期待に応える純短生とは!」と題して、県内産業界や教育界等から6名の人事担当の方々をパネリストにお招きし、「キャリアフォーラム」を開催しました。

本学1・2年生の全学生に対し、パネリストの方々から、業務に求められる能力や資質、社会人になる前に短大生活の中で学んでおくべきこと等、学生へのさまざまなご提言をいただきました。パネリストの方々は、個性豊かで人間的魅力があることやコミュニケーション能力の重要性を挙げられ、また、今の短大での学びや生活を大事にして、いろいろなことにチャレンジし、経験を積んで自分磨きをしてほしい、と述べられました。

学生からは、「仕事は、自己満足ではなく、相手に満足していただける仕事をしなければならないと感じました。」「社会で必要なことは、コミュニケーション能力、思いやりの心、ありがとうの言葉に喜びを感じられること、最後までやり遂げられること、向上心、自ら考える力、常に学ぶ姿勢というもので、これらを短大生活の中で常に意識して生活していきたいと思います。」「今後の短大生活では『私に出来るのはここまで』と線引きをするのではなく、いろいろなことに挑戦し、『やっておいてよかった』という経験を増やしたいです。」との感想が挙げられました。