アドミッション・ポリシー (入学者受入方針)

関連ページ一覧を表示

国際人間学部 3つのポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

国際人間学部では、本学の教育理念(「カトリック精神に基づく人格教育を行い、有為の人材を育成する」)のもと、国際社会、情報社会で活躍できる知性と感性を有する個性豊かな人材の育成を教育目標にして、次の能力を身につけた人に学士の学位を授与する。

  1. 高い専門性と豊かな教養のもと、多角的な視点や柔軟な姿勢で問題を解決しながら、自己実現を図ることができる。
  2. 主体的に学び続けコミュニケーション能力やリーダーシップを発揮しながら社会の発展に積極的に関わることができる。
  3. 豊かな人間性に裏打ちされた誠実さと奉仕の精神の下、高い倫理観に基づいて自己表現力を発揮しながら協働し、他者を援助できる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

2学科でほぼ共通の「基礎教育科目」と各学科独自の「専門教育科目」の二つを大きな柱としてカリキュラムが編成されている。

  1. 基礎教育では、初年次教育として大学における学びの姿勢や方法を身につけるとともに、多角的な視野と豊かな教養に基づいた、よりよく生きるための力の基盤をつくる。
  2. 専門教育では、専門的知識・技能を修得することを目的とし、基礎的な内容から発展的な内容へと学びを深める過程で、豊かな人間性が培われることを目的としている。
  3. 汎用的技能を身につけると同時に、みずから考え、判断し、かつそれらの内容を的確に表現し、伝えることのできるコミュニケーション能力を身につけることができるよう配慮されている。そのためにも、様々な機会を用いて地域との連携に参加できるプログラムを提供し、社会活動に意欲的に参加する力を養う。

以上の学習・実践を通して、社会的な責任感を持ち、学ぶことへの主体的な意欲を卒業後も継続、発展させ、社会の責任ある一員としてその能力を十分発揮できるような力を身につける。


入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 人間社会の多様な営みに興味・関心をもち、自分の考えや感じたことを表現しようとする意欲のある人
  2. 問題解決を図るため、積極的かつ計画的に勉学に取り組むことができる人
  3. 国際社会や地域社会のなかで、自分の個性や能力を役立てたいと考えている人

  • 国際人間学部3つのポリシー [PDF]

ことばと文化学科

  • 学びの目標
  • 学びの目標

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

1.知識・理解

  1. 日本と外国の言語・文化に関する専門的知識および技能を身につけている。
  2. 幅広い教養によってはぐくまれた豊かな人間性と社会性を持ち、グローカル化の進む現代において文化の多様性を理解・尊重できる。

2.汎用的技能

  1. 自分と異なる他者の考えを認め、高度なコミュニケーション力をもって人間関係を形成し発展させることができる。
  2. 幅広い教養と深い専門的知識をもって課題を自ら発見し、多角的視野からの分析・判断をもとに問題を解決する能力を有する。

3.態度・志向性

  1. 自律的生活態度を身につけ、主体的に地域・国際社会で他者と協働する姿勢を有する。
  2. 自己・他者・社会に関心を持ち、自発的学習を続けることで自らを成長させ社会に寄与する姿勢を有する。

4.総合的な学習経験と創造的思考力

  1. 多様な科目履修と教室外活動により培われた国際性豊かな人間力をもって、地域・国際社会に主体的に関与し、他者との協働を通して社会の一翼を担っているという意識を持っている。
  2. 培われたコミュニケーション能力と多角的判断力をもって課題に柔軟に対応し、地域・国際社会のニーズに応える能力を有する。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

ことばと文化学科は4つのコースで構成されており、コースごとに必修科目や選択必修科目が異なる編成でそれぞれの専門性を高め、また同時にコース横断的に配置した科目を学生が興味・関心に応じて選択できるようにカリキュラムを編成する。

  1. 1年次から4年次まで少人数教育を基本とし、学年を追うごとに基礎的内容から発展的内容へと学びを深めていけるように段階的かつ体系的に教育課程を編成する。
  2. 各コースの専門性を充実させ、一方でコース間の有機的連携を通して幅広く深い教養や国際的・多角的視野を育成し、統合的な判断力を培う。
  3. 語学、言語、文学および文化科目をバランス良く配置することで、専門的知識と高度な技能を身につけることができるようにする。
  4. 授業内外で地域と連携した体験型学習を積極的に取り入れ、知識・技能の向上はもとより対人スキル、社会性、判断力、問題解決力などの養成も図る。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 高等学校で学習する科目について高等学校卒業相当の知識・技能を有する人
  2. 日本と外国の言語・文化に興味・関心を持ち、学ぶ意欲のある人
  3. 日本語や外国語を用いたコミュニケーション能力を高める意欲を持ち、的確な判断力や表現力を用いて円滑な人間関係を築ける人
  4. 言語や文化に関して多角的な視点から考えようという意欲のある人
  5. 基本的生活習慣を身につけ、主体的に他者と協調して様々な活動が行える人
  6. 知的好奇心に富み、学習意欲旺盛な人
  7. 国際交流や地域活動に興味・関心があり、積極的に取り組む意欲のある人
  8. 物事に対していろいろな見方があることを理解し、異なる考えも受け入れられる人

  • ことばと文化学科3つのポリシー [PDF]

こども学科

  • 学びの目標
  • 学びの目標

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

1.知識・理解

  1. 保育学・教育学・福祉学・心理学・基礎医学・民俗学などを包括する学際的な学問分野である「こども学」に関する専門的知識及び技能を持っている。
  2. 時代の変化を敏感に察知し、こどもに関する問題意識を持ち続けることができる。

2.汎用的技能

  1. 専門性深めながら、その成果を伝えるための自己表現力やコミュニケーション能力を身につけている。
  2. 時代の変化に適切に対応し、多角的な視点から問題を解決するための情報収集及び分析能力を有している。

3.態度・志向性

  1. 高い倫理観にもとづき多様な価値観を認め、人に誠実に接することができる。
  2. 他者と協働しながらチームとして問題を解決することができる。

4.総合的な学習経験と創造的思考力

  1. 多様な科目履修及び実習や地域と連携した活動を通して磨かれた実践力を社会で活かすことができる。
  2. 自分の世界観を構築し、多様な価値を認め、柔軟な姿勢で他者を援助できる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

保育学・教育学・福祉学・心理学・基礎医学・民俗学などを包括する学際的な学問分野としての「こども学」を学修できるよう、総合的なカリキュラムを編成する。

  1. 少人数教育を基本として、学年を追うごとに基礎的な内容から、発展的内容へと進む段階的なカリキュラムを編成する。
  2. 「こども学への導入」を目的とした専門教育科目によって、初年次から基礎的な内容の理解と同時に、早い段階から体験型学習を積み、実践力を高めることができるようなカリキュラムを編成する。
  3. 「こどもと社会の領域」「こどものこころの領域」「こどもと健康の領域」「こどもと教育の領域」といった幅広い領域の専門教育科目を履修することができるようにカリキュラムを編成し、興味・関心を広げ生涯学び続ける態度を培う。
  4. 「実践力を高める領域」及び「こども学の実践」に関する科目を充実させ、地域と連携した体験的・実践的学習を積極的に取り入れる。知識・技能の向上はもとより対人スキル、社会性、判断力、問題解決力などの養成も図る。

このようにこども学の学際的な知識と実践力、さらに知の生産としての研究技術を包括的に学ぶことができるカリキュラムを編成する。


入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 様々な専門的知識を学ぶ意欲があり、コミュニケーションを図るために十分な基礎学力を有する人
  2. 人間と社会に興味・関心を持ち、学ぶ意欲のある人
  3. コミュニケーションに必要な自分を表現する力や相手を理解しようとする力を備えている人
  4. 自分の問題と社会の問題を関連づけて考えることができる人
  5. 向上心を持ち、積極的に探究する意欲がある人
  6. 奉仕の精神で労力を惜しまない人
  7. 社会活動に興味があり、積極的に人と関わろうとする人
  8. 物事に対していろいろな見方があることを理解し、異なる考えも受け入れようとする人

  • こども学科3つのポリシー [PDF]

看護栄養学部 3つのポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

看護栄養学部は、豊かな人間性と実践力を備えた専門性の高い看護職者と管理栄養士の育成を目的としている。そのため次の学士力を身に付けた者に卒業を認定し、学位を授与する。

  1. 課題解決に応用できる基礎的知識と技術を修得し、技能として実践できる。
  2. 他職種との協働を調整できるコミュニケーション・スキルを修得している。
  3. 他者への深い理解と倫理観をもって行動できる。
  4. 社会的貢献と専門性の発展に関心を持ち続け、積極的に行動できる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

豊かな人間性を培うための科目と国家試験受験資格取得に必要な科目で構成されている。

  1. 人への深い理解を基盤に高い専門性を学ぶことができる。
  2. 演習や実習などの豊富な実践型学習を通してコミュニケーション・スキルや協調性などを学ぶことができる。
  3. 社会性を育てるための地域との様々な交流が設けられている。
  4. 異文化理解と国際的視野を拡げるための海外研修の機会が設けられている。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 自ら学ぶ意欲があり、努力を続ける人
  2. 人との関わりに積極的になれる人
  3. 人の気持ちに寄り添える人
  4. 地域との交流や社会の動向に関心がある人

  • 看護栄養学部3つのポリシー [PDF]

看護学科

  • 学びの目標
  • 学びの目標

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学科では学則で定める卒業に必要な単位数を取得することが学士号授与の要件となる。また、卒業までに次の4つの力を有することを重視する。

1.知識・理解
  • 豊かな人間力・・・人間の尊厳や倫理の意味を理解し、行動できる能力
2.汎用的技能
  • 専門性を発展させる力・・・自己啓発能力と研究的態度を身につけ、社会の動向に関心をもち、看護の専門性を発展させる能力
3.態度・志向性
  • 他職種と連携する力・・・保健・医療・福祉・教育の領域において他職種と連携、協働しながら看護を展開、充実させる能力
4.総合的な学習経験と創造的思考力
  • 看護者としての実践力・・・人々の健康課題に対応でき、科学的根拠に基づいた看護を実践しうる能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本学科の教育課程はディプロマポリシーに基づき、以下の5つの領域で編成する。

人間的成長を促す領域
  • この領域は、「看護の精神」、「女性発達学」、「プロジェクトJ」の3つの分類からなり、個人としての成長と生涯学習の基盤づくりとなるものである。
情報を活用し表現力を高める領域
  • この領域は、「情報技術」、「表現技術」の2分類からなり情報化と国際化が進む社会の中で人とコミュニケートできる力を育成するものである。
看護の軸となる領域
  • この領域は、「人間の発達」、「健康の科学」、「生活の支援」の3つの分類を絡みあわせながら看護の軸を形成していくものである。
看護の基盤となる領域
  • この領域は「ヒューマンケアリング」、「社会・倫理・制度」、「看護論」、「看護技術」の4つの分類からなり、看護学の基盤となる考え方や態度を育成するものである。
実践力を発揮する領域
  • この領域は「実践看護学」、「看取りの看護」、「看護トピック」の3つの分類からなり、看護職者として、健康の回復だけではなく人生の最期をも視野に入れた看護が実践できる力を養うものである。また、卒業後も自ら研鑽しながら看護実践力を高めていく素地を養うものである。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

本学科では次のような人を求める。

  1. 自ら学ぶ意欲のある
  2. 看護学を学ぶのに必要な基礎学力を有する人
  3. 人に対する関心があり、人と人とのかかわりを大切にできる人
  4. 人間の尊厳を考えることができる人
  5. 社会の出来事に対し関心を寄せ、自分の考えが持てる人

  • 看護学科3つのポリシー [PDF]

健康栄養学科

  • 学びの目標
  • 学びの目標

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 管理栄養士として、健康の保持・増進、疾病の予防・治療に必要な栄養に関する基礎的な知識と技能を修得している。
  2. 社会の個人や集団の対象者へ専門的知識・技術を生かして栄養管理指導を実践できる。
  3. コミュニケーション・スキルを身につけ、他職種と協調性を持って連携を図ることができる。
  4. 豊かな人間性と倫理観を身につけ、柔軟性をもって物事を考え対応できる。
  5. 主体的に考え、自らの行動に責任をもって社会のために貢献できる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 初年次教育として、本学科に必要な基礎化学、生命科学、生物有機化学の科目を配置している。
  2. 専門教育は、基礎科目から専門科目へ学年を追って体系的に配置されている。専門教育科目は、講義を先に、実験・実習をその後に配置して、理論を基にして実践力を養成する。
  3. 栄養教諭、家庭科教諭の受験資格およびフードサイエンティストの資格取得に必要な科目は、学科の学びの中で修得できる。
  4. 教養科目に関しては、4年間をとおして教養科目を選択必修として卒業までの間に修得できるように配置している。
  5. 学外実習として、臨地実習やインターンシップおよび海外研修をとおして、管理栄養士業務の実際を学び、実践力やコミュニケーション力を養う。
  6. 基礎教育科目として、「純心講座」、「キリスト教概論」、および「人間の探求」を必須科目としてカトリック精神を伝え、豊かな人間性を育むための教育の一環としている。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 知的好奇心に満ち溢れ、常に向上心をもって、食と健康に関する知識に興味・関心がある人
  2. 栄養・医療・福祉に関する事柄を科学的・論理的に学ぶための基礎学力を備えた人
  3. 多様な人々と協働できる基本的なコミュニケーション力のある人
  4. 学んだ知識や技能をもとに、地域社会に貢献する意欲のある人

  • 健康栄養学科3つのポリシー [PDF]