本文

鹿児島純心女子大学 > HOME > 教育実習・学外体験 >

教育実習・学外体験

各教育実習の主な期間

実習科目名 主な学年など 主な実習期間
教育実習 3年生:幼稚園 5月第4週〜6月第2週(3週間)
4年生:小学校 5月〜6月(第3週間)
4年生:中・高等学校 (英語・家庭) 5月〜6月又は9月〜10月 (3週間)
4年生:高等学校 (看護) 5月〜6月 (2週間)
特別支援教育実習 4年生 9月〜10月 (2週間)
養護実習 4年生 5月〜6月(4週間)
栄養教諭実習 3年生 10月〜11月(1週間)

実践的指導力育成体制

第1段階
学校インターンシップ
地域貢献活動(地域教育活動)
全学科1〜4年生

「学校インターンシップ」は9月に5日間、薩摩川内市の幼稚園、小学校、中学校で現場体験をさせる。従来のインターンシップと異なる点は、次年度の「教職フィールドワーク」とつないだところにある。
「地域教育活動」は小学校の夏休みの体験活動を企画立案し、活動に参加することで、地域の教育的役割や、体験活動の必要性について理解を深めさせる。


第2段階
教職フィールドワーク
全学科2年生〜4年生

1年間、学校インターンシップを体験した園・学校で周辺業務に携わらせようとするものである。大学での授業の傍ら、「朝読書の読み聞かせ」「清掃指導補助」「土曜日の活動の補助」等に従事する。


第3段階
教育実習
養護実習
栄養教育実習
特別支援教育実習
3年生又は4年生

3年次(幼稚園・栄養教諭)又は4年次(小・中・高・特別支援・養護教諭)に短期集中的に、見学実習、観察実習、部分実習、指導実習を各園・校の指導のもとに行う。主に子どもと関わる職務を、観察かつ実践する。


第4段階
教職実践演習
全学科4年生

4年次後期に学内でのロールプレイや模擬授業、県民週間を利用した学校訪問等を通じて、教職の使命や資質について実践的に探求する。


[学校インターンシップ・教職フィールドワーク]の取り組み

教員養成センターでは、大学生の就業力育成支援事業の一環として、また卒業後の教員としての実践力を高めるために継続的・段階的なキャリア支援を行います。

第1段階として、学校・幼稚園対象の「学校インターンシップT」を実施し、実社会を体験することにより初年次からの就業意識の涵養を図ります。これは「学校インターンシップT」「学校インターンシップU」とし1〜3年次の間に複数回の学校体験と事前事後指導を単位化し、学生の積極的な参加を促すものです。

 第2段階の取り組みとして1回目「インターンシップ」体験校で、定期的かつ長期にわたる現場体験「教職フィールドワーク」により職業人としてのスキルアップを目指します。同時に「地域貢献活動」として地域の様々な特性とニーズを学び、地域の方々とともにその課題についても取り組みます。特に地域の小中学生の活動支援に関わることにより学生自身の教養や教職専門外の知識を求められる効果も期待されます。このいずれも第3段階の教育実習等をより充実した実習にさせるものとなります。

 これは2年または3年連続して実施することにより、単なる職場体験から学校の実務者としてのスキル向上を図る目的だけでなく、視野の広がりや豊かな発想力を養うという目的があります。

 教員の実践力育成の最終段階として教育実習後に「教職実践演習」を実施します。「教員養成センターの実践力育成体制」のとおり各段階をとおし、教職における使命や資質について実践的に探究し、卒業後の教員としての高度な専門性と実践力をもつ人材の育成を実現します。

 

学校インターンシップ

○期別 前期 9月集中
○単位数 選択1単位 (実習)
○対象 国際人間学部 ことばと文化学科、こども学科
看護栄養学部 看護学科、健康栄養学科
○受入機関 薩摩川内市内の公立幼稚園、小学校、中学校、給食センター
1 担当教員

栗原真孝

2 授業のねらい

園児・生徒としての視点だけではなく、教師としての視点から教職や教育について考えるためのきっかけをつくる。また、「教師になりたい」という夢と志をもち、意欲的に教職課程での学びに参加できるようにする。学校インターンシップでの成果を、教職フィールドワーク、教育実習、教員採用試験へとつなげていく。なお、教職課程を履修しない学生が、社会経験の一環として学校をインターンシップ先として選択し、本科目を履修することもできる。

3 授業の展開計画
【到達目標】
  • 教師の多様な職務内容に触れ、学校文化を経験的に理解することができる。
  • 実習先の教職員や子どもたちと気持ちのよい挨拶を交わすことができる。また、自分から教職員に相談したり、子どもたちに声をかけたりして、積極的にコミュニケーションを図ることができる。
  • 授業実践の観察を行い、教える立場から授業をみることができるようにする。
【授業計画】
5月 希望校調査
7月及び9月初旬 事前指導 (3コマ)
  1. 学校インターンシップの意義、受入機関別ミーティング
  2. 教師の職務内容や学校文化についての理解
  3. 教育委員会及び受入側の講話
9月 5日間の学校インターンシップ
10月 事後指導 (園・学校別に振り返り活動を1コマ)
11月 体験発表会
4 評価方法

実習校からの評価報告書、事前・事後指導での受講状況、レポート、日誌による評価

5 テキスト

無し

学校インターンシップ体験談

教員養成センターでは、毎年9月に薩摩川内市教育委員会のご協力の下、学校インターンシップを実施しています。1年生を中心とする全学科の学生約70名が、薩摩川内市内の学校(幼稚園・小学校・中学校)で5日間の体験実習を行います。各学校には綿密な計画の下、きめ細かなご指導をいただいています。学生たちは、教師の多様な仕事に触れ、こどもたちとコミュニケーションをとりながら、「教師の視点で学校を見つめる」ことを学ぶことができます。さらに2017(平成29)年度からは、前年度までに学校インターンシップを受講した学生が、薩摩川内市の学校給食センターでインターンシップに取り組めるようになりました。
  下記は2016(平成28)年度に学校インターンシップに取り組んだ学生の感想です。

≪小学校の体験(こども学科2年)≫

教育実習前に小学校教諭の仕事について直接体験し学びたいと思い、大学1年生のときに学校インターンシップに参加しました。先生方の動きを観察する中で、奥が深い仕事であると気づきました。先生方はどのように伝えたら子どもたちが理解できるか、どういう反応が返ってくるのかを細かく考えながら、授業展開していることを学ぶことができました。特別支援学級も見学し、もっと特別支援教育について学ぶ必要があるという今後の課題も見つけることができたため、さらに学びを深めていきます。

教職フィールドワーク

○期別 通年
○単位数 選択2単位
○対象 全学科2年生以上 教職課程履修者
○受入機関 薩摩川内市内の公立幼稚園、小学校、中学校
1 担当教員

広瀬健一郎

2 本科目のねらい・到達目標

本科目のねらいは、周辺的な校務に携わりながら、教師の仕事に対する使命感、教師として必要な教養、コミュニケーション能力や対人関係力、校務分掌や服務の在り方等について、自ら学び取ることにある。具体的な到達目標は以下のとおり。

  • 周辺的に校務に携わりながら、校務の全体像を把握できるようになる。
  • 教員の授業の準備、実践、反省の過程を観察し、把握する。
3 履修について
  1. 履修条件

    下記科目の単位を修得し、教職フィールドワーク受け入れ機関の許可を得ること。なお、教職フィールドワーク実施機関は「学校インターンシップ」の受け入れ機関と同一とする。

    1. ことばと文化学科、看護学科、健康栄養学科
      「教職論」と「学校インターンシップ」
    2. こども学科
      「子育ての原理」と「学校インターンシップ」
  2. 履修条件の設定理由

    長期にわたって学校・園の職務に従事することから、相応の資質をもった学生について履修を認める。そのため「教職論」などの教職関係科目や「学校インターンシップ」等を通して、「教職フィールドワーク」参加への心構え、態度、行動を身につけさせる。

  3. 履修方法と履修期間
4 指導体制と評価
  1. 広瀬を中心とする教員養成センター所員を、学校・園ごとに指導担当者として配置する。
  2. 巡回指導時からの評価、教職フィールドワーク日誌、報告書から総合的に評価する。

教職フィールドワークの実施状況

現在、薩摩川内市内の10園・校で19名の学生が、大学の授業の傍ら、授業の補助等の学校周辺業務に携わっています。学生たちは日々の活動や児童との関わりの中で、悩んだり喜んだりしながら「教師としての在り方」を学んでいます。学校からは「子どもたちと長い時間接することができ、年間を通した学びができる」、「学校インターンシップ→教職フィールドワーク→教育実習の三段階をセットで実施できる」等の評価をいただいています。

地域教育活動

○科目名
(テーマ名)
「地域貢献活動T、U」 (地域教育活動T、U)
○期別 通年
○単位数 2単位
○対象 Tは、全学科1年生以上
Uは、全学科2年生以上(Tの単位修得者)
○ 本テーマのねらい

小学生の夏期休業中の体験活動を企画立案させ、実際の活動に携わらせることで、
 A 実践的指導力を有する教師としての資質能力を育成する。
 B 地域の教育力の重要性や体験活動の必要性について理解を深めさせる。
 C 本学と地域の連携を深め、地域の教育力の向上に資する。

○ 到達目標

a 子どもへの理解を深め、子どもが生き生きと活動する場面を設定できる。
 b チームワークのもと、各学科の特色を生かした企画立案、活動ができる。
 c コミュニケーション能力等を発揮して、保護者や関係機関と連絡調整ができる。
 d 学校・家庭・地域の役割や連携の在り方について、理解を深めることができる。
 ※ Uの受講者には、上記到達目標の深化と、班別活動等におけるリーダーシップの発揮を求める。 

○ 授業計画
○4月 ・オリエンテーション(履修登録、班分け、役割分担等)
○5月 ・かごしま地域塾等の理解(担当教員、「水引キッズ応援隊」代表者から)
○6月〜7月

・水引小学校訪問
・企画立案(班別活動)、7月下旬に指導計画完成

○8月 ・活動参加。午前と午後の各3時間を1コマとして、4コマ以上の参加義務。他班のコマへの参加、主催者企画への参加も必要。
○10月〜3月 ・総括のための活動。冊子としてまとめる作業。

○評価

・事前事後指導でのワークシート及び受講状況、活動状況報告(日誌)、レポート等


活動記録