学生の修学、進路選択及び心身の健康等に係る支援

関連ページ一覧を表示

修学に係る支援

本学独自の奨学金制度及び授業料減免制度

鹿児島純心女子大学成績優秀者奨学金

  • 採用資格: 一般入学試験(第1期)合格者で、成績・人物共に優れている者
  • 採用人数: 4名(各学科1名)
  • 控除内容: 入学年度の前期授業料相当額

鹿児島純心女子大学白百合奨学金

  • 採用資格: 修学の熱意はありながら、経済的理由により修学が著しく困難と認められる者
  • 採用人数: 16名(年度により、上限20名)
  • 給付内容: 月額2万円

鹿児島純心女子大学外国人留学生特別奨学金

  • 採用資格: 外国人留学生で、人物・学業共に優れて、経済的理由により、修学に困難があると認められる者
  • 給付内容: 月額3万円(学業地に滞在することが条件)

鹿児島純心女子大学私費外国人留学生授業料等減免

  • 採用資格: 正規課程に在籍する私費外国人留学生で、経済的理由により修学が困難であると認められた者
  • 減免内容: 入学金の全額と授業料の50%

学校法人鹿児島純心女子学園姉妹在籍による授業料給付

  • 採用資格: 当学園の設置する大学院・大学・短期大学・高等学校・中学校に同時に在籍する姉妹が3名となった場合の最年少者1名
  • 給付内容: 最年少者1名の授業料(給付の実施方法は規定による)

学習に係る支援

オフィス・アワー

学習支援の一環として、各専任教員が研究室に在室する時間帯(オフィス・アワー)を設けて研究室の扉やホームページ上に明示し、学部生及び大学院生による様々な個別相談に対応できるような体制づくりに努めています。

成績不振等の学生に対する学習支援

国際人間学部

ことばと文化学科
  • 授業を3回欠席した学生には、科目担当者が直接注意を喚起し、あわせて担任に連絡します。
  • GPA 1.5未満を成績不振の学生とします。
  • 成績不振の学生に対し、担任は直接指導による個別面談を行います。その後、必要に応じて、保護者を交えた三者面談を行うこともあります。
こども学科
  • 授業欠席の多い学生は、科目担当者が担任に連絡します。
  • GPA 2.0未満を成績不振の学生とします。
  • 成績不振の学生に対し、担任は面談を行います。

看護栄養学部

看護学科
  • 1・2年次は、3年次からの選択肢を広げるため、GPA 2.5以上を目標とし、学生自身が成績への関心を持ち、自己の努力を評価できるよう教員が支援します。
  • 授業回数の5分の1を欠席した学生は、科目担当者が担任へ連絡します。
  • 未修得科目があるか学科が指定する科目のGPA 2.0未満を成績不振の学生とします。
  • 成績不振の学生に対し、担任は二者面談を行い、学科長に報告します。担任と学科長は、改善策を検討し、担任が指導・支援します。
健康栄養学科
  • 授業を3回欠席した学生は、担任が個別面談します。
  • 学科が指定する科目のGPAが各期2.0未満、各学年のクラス順位下位を成績不振の学生とします。
  • 成績不振の学生に対し、担任、保護者の三者面談を行います。

e-Learningシステム

e-Learningシステムとして、英検対策やTOEIC対策に最適な「ALC NetAcademy2」(学内のサーバーに教材を置き、ネットワークを通じて学習者に教材を提供する“ネットワーク型学習システム”)を導入しており、利用学生は自宅からでもアクセス可能となっています。

進路選択に係る支援

進路支援委員会、担任(アドバイザー)、進路支援課では学生一人ひとりが能力、適性、意欲などを最大限に発揮できる職業、職場などを自ら選択し、決定していけるように適切な資料や情報の提供を行っている。

学部生に対する進路支援体制

年間の進路支援対策計画に基づいて進路ガイダンスを設けると共に、適宜、就職・進学相談に応じて学生の進路活動が円滑に行われるように積極的に対応している。

大学院生に対する進路支援体制

主に進路支援委員の教員を通じて求人情報を提供しており、大学院生研究室に面した掲示板に求人票のスペースを設けている。

心身の健康等に係る支援

保健室

健康管理に役立つ情報を提供すると共に、常駐の職員が心身の健康等に関する相談に対応する。

学生相談室

様々な悩みや不安に関する相談に学生相談員が対応(メールによる相談も可能)し、必要に応じて専門家を紹介する。


Adobe Reader
※PDFファイルをご覧になるには、Adobe®Reader™が必要です。パソコンにインストールされていない場合は、アイコンをクリックし、ダウンロードしてください。