看護学科 – 看護栄養学部

関連ページ一覧を表示

看護栄養学部 – 看護学科

※以前のお知らせはコチラ(Jboard)

コース案内・資格取得

健康生活の支援者としての専門性と人間性を育む教育

健康生活の支援者としての専門性と人間性を育む教育

現代の少子高齢化社会において、人々が健やかな人生を歩むためには、それぞれのライフスタイルに合った健康生活を支援する実践者が必要です。看護学科は、人々 (個人・集団・地域) の健康生活の支援者として社会に貢献できるように、保健医療福祉活動を幅広く探究し、看護を必要としている人の立場に立てる深い人間愛と豊かな人間性を養い、幅広い知識・技術・判断力などに支えられた高い専門性を有する実践者を育成します。


学びの目標

  • 学びの目標
  • 学びの目標

こういう人に育てます

  • 人間を全人的に理解・受容できる柔軟性のある看護専門職者
  • 人の発達段階において生活支援できる健康のエキスパート
  • 社会の動向に関心をもち変化やニーズに対応できる人

こういう教育をします

  • 講義・演習・実習を統合する実践型教育
  • 看護のこころを育てる感性教育
  • 表現力・コミュニケーション能力を育む双方向性教育

こういう人を期待しています

  • 看護を理解するのに必要な基礎学力を有し、自ら学ぶ意欲のある人
  • 知的好奇心を持ち、論理的に物事を考えられる人
  • ボランティア・クラブ活動等を通して人とのコミュニケーションが図れる人

学びの特色 ~心の痛みが分かる感性を育む学び~

特色1心の窓を開き世界を広げる教育科目
看護者には、専門的知識だけではなく、深みのある人間性や幅広い視野に基づく柔軟な思考力が求められます。看護の専門家として、生命と人格の尊厳を基盤とした倫理観と科学的根拠に基づいた看護を実践できるよう科目構成しています。
また、看護に関する専門科目に加えて、将来の国際的視野を見据えた専門用語などを学習する外国語科目を用意しています。そのほか、海外研修の機会も設けています。
※国際情勢によっては、実施できないこともあります。
特色2生と死の尊厳に関わる看とりの看護
人の生と死に携わる看護者にふさわしい豊かな感性と知性を育むためには、学生一人ひとりが生命の尊厳に関わる責任感を自覚することが望まれます。人がその人らしく最期まで生き生きと暮らしていけるような看護 (見守っていくこと) を学びながら、人間の生き方に対する思索を深め、看護の基本である人間愛と洞察力を身につけます。


卒業後の進路

  • 卒業後の進路

看護学科では、基礎教育科目で教養と思考力、広い視野を養い、看護者として最も大切な『こころ』の成長を高め、専門教育科目で高度な知識・技術を身に付けます。
医療最前線で行われる臨地実習では、これまでの学習を実践することにより、生命の尊厳に関わることへの責任感や人間愛の自覚を促します。
本学科独自のカリキュラムや実習の中で知識と実践力、海外でも適用する看護能力と国際的視野、そして溢れる人間愛を身に付けた多くの卒業生が、専門性を活かした職種で活躍しています。

  • 大学教員
  • 高等学校教諭 (看護)
  • 小・中・高校養護教諭
  • 保健所
  • 国・県・市町村行政機関
  • 病院・診療所
  • 助産所
  • 訪問看護ステーション
  • 介護保険施設
  • 社会福祉施設
  • 産業保健 (企業職員の健康管理)
  • 医療系企業


取得できる免許・資格

  • 取得できる免許・資格

『看護師』国家試験受験資格は、卒業時に全員が取得できます。また、希望により

  1. 『保健師』国家試験受験資格
    (国家試験に合格すれば申請により養護教諭二種免許状も取得出来ます。)
  2. 『助産師』国家試験受験資格
  3. 教員免許状〔『養護教諭』一種免許状と『高等学校教諭(看護)』一種免許状の同時取得も可能です。〕

の中から1つだけ選択できます。(ただし、助産師課程については選択人数に制限があります。また、いずれの課程も選考基準が設けてあります。)


進学実績

  • 鹿児島純心女子大学大学院
    人間科学研究科 心理臨床学専攻
  • 日本赤十字看護大学大学院
  • 早稲田大学大学院
  • 京都大学大学院
  • 東京都立大学大学院
  • 鹿児島大学大学院
  • 北里大学大学院
  • 九州大学大学院
  • 大分大学大学院
  • 山口大学大学院
  • 日本赤十字九州国際看護大学大学院

こんな授業をしています ─ 講義紹介

八田 冷子 <<担当教員>>
八田 冷子
時代が大きく変革する中、個人の健康だけでなく、 社会全体を看護する視点を学ぶのが公衆衛生看護です。

公衆衛生看護学概論

  • 公衆衛生看護学概論
  • 公衆衛生看護学概論

多くの人々が「住みなれた地域で最期まで暮らしたい」と願っています。その願いを実現するため、地域を基盤に個々の健康問題を把握し、当事者はじめ関わる人々が本来の力を発揮できるように働きかけ、関わる人々とともに協働するというプロセスを作り出し活動する公衆衛生看護の基礎的な知識・技術を楽しく学びます。