健康栄養学科 – 看護栄養学部

関連ページ一覧を表示

看護学科 – 看護栄養学部

※以前のお知らせはコチラ(Jboard)

コース案内・資格取得

高い専門性と豊かな人間性を備えた管理栄養士を養成

高い専門性と豊かな人間性を備えた管理栄養士を養成

健康栄養学科では管理栄養士を養成します。管理栄養士は高度な栄養管理を行います。その基礎となる専門科目の他に、『いのち・食』について考える科目を取り入れ、高い専門性と豊かな人間性を備えた管理栄養士の養成を目指しています。また、中学校・高等学校教諭一種免許状 (家庭)、栄養教諭一種免許状、フードサイエンティストなどの資格を取得することができます。


学びの目標

  • 学びの目標
  • 学びの目標

こういう人に育てます

  • 国民の健康長寿の要として人々に貢献できる人
  • 一人ひとりにきめ細かい栄養指導のできる人
  • 社会のニーズや変化に対応できる人

こういう教育をします

  • チーム医療、福祉、教育など多方面に対応できる専門教育
  • 実験・実習などで実践力を育成
  • 高度な知識・技術を併せ持った専門家の養成

こういう人を期待しています

  • 管理栄養士免許取得を目標に学習する意欲のある人
  • 食と健康に関心の高い人
  • 豊かな心とチャレンジ精神のある人

学びの特色 ~健康づくりを支えるスペシャリストを育成する~

特色1国民健康の要として
人々の食生活を通じて、一人ひとりの健康維持に貢献し、『国民健康の要』となる管理栄養士を養成します。
特色2新しい時代の目で
社会・環境と健康、食べ物と健康、臨床栄養学、栄養教育論等、今社会が抱えている健康・医療・福祉などのさまざまな問題に的確に対応できるよう、新しい時代の目で捉えた専門教育科目群が準備されています。
特色1チーム医療のスタッフとして
今日の社会が求めているチーム医療に、栄養管理の観点から欠かせないスタッフとして参加できる管理栄養士の養成を目指します。また、こどもの時から食生活の大切さを指導できる管理栄養士の養成を目指します。
特色2心と体の両面から
医療の現場において、心と体の両面からケアできる多様な知識・技術と豊かな感性を備えた管理栄養士を養成します。人間を学び、人間を愛し、人間として深い知恵を身に付けるための教育が行われます。
特色1国民健康の要として
人々の食生活を通じて、一人ひとりの健康維持に貢献し、『国民健康の要』となる管理栄養士を養成します。
特色2人間愛の理念で
建学の精神であるカトリック精神に基づく人格教育に沿っています。乳幼児から高齢者まで、特に弱い立場にある方々に寄り添いながら食を通して、人間の「いのち」に深く関わるために、豊かな人間性を培い専門性を備えた高い知性と教養を併せ持った優しく賢い女性を目指します。

卒業後の進路

  • 卒業後の進路

卒業後の活躍分野は多彩です。

健康栄養学科では、人間として、女性として大切な基礎教養・思考力を高めるとともに、社会環境や人体の構造や疾病について学び、多角的に“食”を見つめています。また、現場での臨地実習や公開講座『さわやか健康栄養教室』の企画・参加により、社会との関わり合いの中で実践力と社会性を育み、食の学びを深めています。
本学科でこころを磨き、広い視野と高度な専門性、健全な社会性、そして的確な実践力と時代に対応する国際性を身に付けた多くの卒業生が、その専門性を活かした職種で活躍しています。

  • 病院
  • 福祉施設
  • 食品・給食関連会社
    (給食・品質管理・食品開発など)
  • 学校栄養職員 (栄養教諭)
  • 中学校教諭 (家庭科)
  • 高等学校教諭 (家庭科)
  • 国・県・市町村行政機関

取得できる免許・資格

  • 取得できる免許・資格
  • 管理栄養士国家試験受験資格
  • 栄養士免許証
  • 栄養教諭一種免許状
  • 中学校教諭一種免許状 (家庭)
  • 高等学校教諭一種免許状 (家庭)
  • フードサイエンティスト
  • 純心のこころと食生活エキスパート認定証

進学実績

  • 鹿児島大学大学院
  • 福岡女子大学大学院
  • 日本女子大学大学院 他

こんな授業をしています ─ 講義紹介

木之下 道子 <<担当教員>>
木之下 道子
病気の時、また再発予防のために必要な知識・理論・技術を食品・食事の面から追究する科目です。

臨床栄養管理学Ⅱ

  • 臨床栄養管理学Ⅱ
  • 臨床栄養管理学Ⅱ

生化学、解剖生理学などの基礎を学んだ後、疾病の状態を把握し、栄養面からの問題点を探ります。これを基に栄養評価・栄養診断・栄養計画を立案し、食事を通して治療効果を上げていくために必要な知識・技術を学びます。


松元 圭太郎 <<担当教員>>
松元 圭太郎
循環器系、呼吸器系などの生理機能について理解することが目的です。

食品衛生学実験

  • 食品衛生学実験
  • 食品衛生学実験

食中毒のほとんどは微生物が原因です。微生物は普段目に見ることができず、その危険性が実感しにくいです。本実験では、生活環境や食品中に存在している微生物を顕微鏡で実際に観察します。微生物による食品汚染は容易に起こりうることを実感し、安全性に対する意識や食品衛生に関する知識や技能を高めます。