川内川総合水防演習

川内川総合水防演習

 

 5月20日,川内川の河川敷特設会場で鹿児島では9年ぶりの開催となる国土交通省九州地方整備局等主催の「H30川内川総合水防演習」が開催され,本学から看護学科4年と健康栄養学科2・3年の学生が参加しました。看護学科は「避難介助班」としてボランティア活動の登録や避難者の体調・ニーズ等の聞き取り,健康栄養学科は「炊き出し訓練班」としてご飯と豚汁600食の大量調理を受け持ち,それぞれの持ち場で与えられた役割を体験しました。
 学生にとって学内の授業では決して学び得ない大規模災害を想定した現場での緊急対応時の演習参加であり,大変貴重な学びの機会となりました。参加した学生に対して関係団体の方々から感謝の言葉をかけていただき,非常に有意義な体験となりました。