学生インタビュー

学生インタビュー

 

マレーシアの空港で海外インターンシップに挑戦した切手鈴菜さん(ことばと文化学科4年)にインタビューをしました。

〇海外のインターンシップに行こうと思ったきっかけとエピソードを教えてください。
大学2年の時にマレーシアに2週間のホームステイに行き、色々な言語を話せる人々が多いことに驚きました。同時に、自分の英会話力の未熟さに焦りと悔しさを感じました。
大学3年の時に再度マレーシアを訪れましたが、やはり、英会話力が未熟であることを再確認しました。後悔したまま大学を卒業したくないと思い、英語を使わなければならない環境に身を置くために、マレーシアの空港でインターンシップに挑戦しました。

〇英検準1級に合格されましたが、どういう勉強をしましたか。
とにかく単語を覚えることに専念しました。英検で求められる単語と空港業務で求められる単語は全く異なるため、インターンシップ中に役立ったと感じることはあまりありませんでした。
しかし、英検(準1級)に合格したことを心の支えにインターンシップを頑張りました。

〇将来の夢や目標を教えてください。
日本と海外を繋ぐ仕事をしたいと思っています。世界を相手に仕事をするためにも、これから英語の勉強にもっと力を入れていきたいです。またこれから中国語にも挑戦していこうと思います。