平成30年1月27日(土)に、こども学科2年の授業「保育内容(環境)の理論と方法」で、収穫祭を行いました。
 この授業は保育内容「環境」領域の内容を理解し、保育実践に生かしていくための基本的な資質を身につけることを目的としています。自然環境に対する認識や身体感覚を磨くことを目的に、土壌づくりから種まき、収穫祭までを学生だけで行います。
 幼稚園や保育園での収穫祭を想定し、収穫した「大根」をはじめ「ほうれん草」や「たかな」を使って、野菜嫌いな子どもでもおいしく食べられる料理を考え調理しました。
 学生たちは「大根葉の洋風まぜご飯」「大根バーガー」「大根のポタージュ」などに挑戦し、収穫の喜びを味わっていました。