「Tokyo2020大学連携’17」に参加

「Tokyo2020大学連携’17」に参加

 

 7月8日に味の素ナショナルトレーニングセンターで開催された「Tokyo2020大学連携’17イベント出張講座プログラムSpecial~学生が考えるアスリート飯~」に、健康栄養学科4年生 野間彩花さんと今村佳代子先生が参加しました。

 本イベントは、全国の東京オリンピック・パラリンピック連携大学の中から選ばれた栄養系大学21校の学生と教員が参加し、ナショナルトレーニングセンターの視察や、オリンピアンの栄養に関する講義を受講しました。また、大学ごとに学習していた事前課題について、学生同士のグループでディスカッションからプレゼンまで行ない、アスリートヴィレッジで働く管理栄養士の先生から講評をいただきました。

 学生は、通常は入ることのできない施設を目の当たりにして感動すると共に、トップアスリートに対するスポーツ栄養の在り方を学び、さらに全国の学生との交流に大変刺激を受け、将来に向けての思いを強くする貴重な経験が出来ました。東京オリンピック・パラリンピックでは、学生の力も大いに必要になるとのことで、今後が楽しみです。