東日本大震災ボランティアに参加

 復旧期・復興期を経て発展期の入口に立つ宮城県南三陸町です。一方、被災地ボランティアを定常業務とする団体はほとんどなくなり、唯一カリタスの米川ベースが残っています。そのベースにお世話になり、地元の方々に常に寄り添い、情報を伝える者として今年も南三陸町に学生がボランティアに行って参りました。
 延べ82名となりましたが、これは学生会、後援会の支援あってこそ。「継続してボランティア参加を支援してくれる大学があるのですね」と大絶賛を受け、また、鹿児島と言えば「純心女子大学さんですね」と地元の方からは大変喜んでいただいているとの報告をいただきました。