学園概要

鹿児島純心女子学園Guidebook

広報紙「純心の風」

鹿児島純心女子学園「制服紹介」

お問合せ

〒890-8525 鹿児島市唐湊4-22-1
鹿児島純心女子学園
TEL : 099-253-2677(代)
FAX : 099-254-5247

Get ADOBE FLASH PLAYER

本サイトでは、Adobe Flashを使用しております。Adobe Flash Playerをお持ちでない方は上記ボタンよりインストールをお願いいたします。

長崎純心聖母会創立者 日本人最初の司教 早坂久之助司教早坂久之助司教

略歴

1883(明治16)年宮城県仙台市に生まれる
1898(明治31)年東京・文海尋常高等小学校卒業
1902(明治35)年東京・日本中学校卒業
1905(明治38)年仙台・第二高等学校卒業
1905(明治38)年

1911(明治44)年
イタリア・ローマのウルバノ大学(現:ウルバニアナ大学)留学
1911(明治44)年ローマにてカトリック司教に叙階
1911(明治44)年

1927(昭和2)年
帰国 カトリック司祭として宮城県、青森県、北海道、福島県にて宣教・司牧活動に従事
1921(大正10)年

1925(大正14)年
駐日教皇庁使節マリオ・ジャルディーニの秘書を務める
1926(大正15)年文部省の宗教制度調査会委員に任命される
1927(昭和2)年長崎教区の司教に選任される。(日本人最初のカトリック司教)
バチカンの聖ペトロ大聖堂にてピオ11世教皇より司教に叙階される
1928(昭和3)年

1937(昭和12)年
欧米諸国の協会・教育施設・福祉施設等を視察した後帰国。
長崎の大浦天主堂に着座。この後、長崎教区長として司祭養成・長崎純心聖母会創立・「カトリック教報」創刊・カトリックアクションの活性化・教会建築等に尽力する
1933(昭和8)年脳溢血で倒れる
1934(昭和9)年 大浦天主堂の「サンタ・マリアの祭壇」前にてカトリック女子修道会「長崎純心聖母会」を創立。初代会長にシスター江角ヤスを任命する
1935(昭和10)年純心女学院を創設
1937(昭和12)年脳溢血後の快復ならず長崎教区長を辞任。仙台にて療養する
1948(昭和23)年原爆に被災し大村に移転していた長崎純心聖母会に帰り、その歩みを見守る
1959(昭和34)年仙台のスペルマン病院にて帰天。長崎教区葬にて長崎の聖職者墓地に埋葬される

▲ページの先頭へ戻る